2011年02月07日

旬魚を使って…【にしんの照焼】

皆さんはにしんをどうやって食べますか?
塩焼もいいですね~。煮つけもおいしいです。
でも後は?
ネット検索してみると、「酢漬け」などのレシピがヒットしますが、
これは意外と手がかかりそう。
そこで、カンタンに作れる照焼を作ってみました。

にしんの照焼




【材料と下ごしらえ(2人前)】
 ■にしん…1尾 ⇒2枚または3枚下ろしにする
 ■小麦粉・片栗粉…各大さじ1
 ■塩…適宜
 ■サラダ油…大さじ1.5
 ■細ねぎ…3本 ⇒小口切りにする
 ■だし醤油(3倍希釈)…大さじ2
 ■みりん…大さじ1

【作り方】
(1)にしんを2枚または3枚下ろしにします。
   半身を2等分して、身の厚い部分2箇所に包丁目を入れます。
   今回買ってきたにしんはオスで、白子がありました。
   この白子も一緒にソテーしちゃいます。
   にしん、白子ともに高いところから塩少々を振り、キッチンペーパーで
   くるんで10~15分おきます。
(2)にしんと白子に小麦粉・片栗粉をまぜたものをまぶし、余計な粉ははたいておきます。
(3)フライパンを熱してサラダ油を入れます。
   にしんの皮目を下にして入れ、表面がカリッとなるまで加熱します。
   白子も空いているところに入れて一緒にソテーします。
(4)もう片面も同様に焼き、火が通ったらだし醤油とみりんを合わせたたれを
   フライパンに入れて、照焼にします。
(5)お皿に乗せて、刻んだ細ねぎを散らします。

にしんの中から数の子がでるか、白子がでるか!
「数の子がでればラッキー」っていう記事がネットに載っていましたが、
私は「白子がでればラッキー❤」。
ちょっとクセがありますが、煮つけも最高です。





 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)


同じカテゴリー(その他)の記事画像
休日におすすめ♪ 【シーフードピザ】
2010年お正月【身欠きにしんと昆布の煮物】
【2010年のお正月】
こってり旨い!【きんきの梅酒煮】
しおがまの藻塩で!【めだいのカルパッチョ】
夏には酢使ったレシピ 【ちかの南蛮漬け】
同じカテゴリー(その他)の記事
 【お知らせ】 (2011-08-01 18:33)
 【地震とその後】 (2011-03-25 14:04)
 休日におすすめ♪ 【シーフードピザ】 (2010-02-25 16:48)
 2010年お正月【身欠きにしんと昆布の煮物】 (2010-01-02 09:17)
 【2010年のお正月】 (2010-01-01 07:17)
 こってり旨い!【きんきの梅酒煮】 (2009-12-26 06:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。