2009年12月26日

こってり旨い!【きんきの梅酒煮】

比較的大きなきんきの切身(2枚おろし)を見つけたので、
半身分を塩焼に、半身分を煮つけることにしました。
(だってどっちも食べたかったんだもん)

梅酒にはまった時期があったのですが、どうしても「ん?」という梅酒が
残っていました。(無添加でおいしい!はずなのですが。)
その梅酒を煮魚に使ってみよう!と思い、このレシピになりました。

きんきの梅酒煮




【材料と下ごしらえ】
 ■きんき…2枚おろしを1枚(約130g) ⇒半分に切る
 ■しょうが…1/2かけ ⇒薄切りにする
 ■こんぶだし醤油(3倍希釈)…1/3カップ
 ■梅酒…1/3カップ
 ■水…1/3カップ
 ■細ねぎ(飾り用)…少々 ⇒小口に切る
 ■わかめ(もどしたもの)…10g ⇒食べやすい大きさに切る

【作り方】
(1)半分に切ったきんきの身の厚い部分に包丁を入れます。
   バットなどに切身を入れ、キッチンペーパーをかぶせます。
   その上から70~80℃のお湯をかけてすぐに冷水にとり、
   汚れやウロコを取り除き、水気を拭いておきます。
   ⇒沸騰したお湯に水をたして温度を下げます。
(2)鍋に水、だし醤油、梅酒、薄切りのしょうがを加えて加熱します。
   沸騰したら(1)の切身を入れ、キッチンペーパーで落し蓋をして
   中火で加熱します。
(3)時々煮汁をかけながら煮付けます。
   汁が少なくなってきたら落し蓋のペーパーを取り、鍋を傾けるようにして
   煮汁をかけながら加熱します。
   汁がとろっとなってきたら出来上がり。
(4)器に盛ってわかめを添えます。上から細ねぎをぱらぱら振って飾ります。

梅酒とだし醤油の糖分だけで、お砂糖を加えなくても大丈夫♪
でも梅酒によって甘さが違うと思いますので、味をみてお好みの加減にして下さいね。



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)



同じカテゴリー(その他)の記事画像
旬魚を使って…【にしんの照焼】
休日におすすめ♪ 【シーフードピザ】
2010年お正月【身欠きにしんと昆布の煮物】
【2010年のお正月】
しおがまの藻塩で!【めだいのカルパッチョ】
夏には酢使ったレシピ 【ちかの南蛮漬け】
同じカテゴリー(その他)の記事
 【お知らせ】 (2011-08-01 18:33)
 【地震とその後】 (2011-03-25 14:04)
 旬魚を使って…【にしんの照焼】 (2011-02-07 06:13)
 休日におすすめ♪ 【シーフードピザ】 (2010-02-25 16:48)
 2010年お正月【身欠きにしんと昆布の煮物】 (2010-01-02 09:17)
 【2010年のお正月】 (2010-01-01 07:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。