スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年10月03日

レシピ…ではないですが^_^;【まぐろのカルパッチョ】

9月25日にウチの展示会もようやく終わり、ホッと一息ついています。
実は、秋は各地の市場の展示会シーズン。
年末年始に向けての商材を集めて、各地で展示会が開催されています。

先日、岩手の金ヶ崎での展示会に行ってきました。
そこで見かけたレシピを紹介します。

展示会で見たものは、尾長まぐろを使ったレシピでしたが、今回はめばちの切落しで!
あ、レシピというほどのものじゃないです。
ただ並べるだけですから。(苦笑)

まぐろのカルパッチョ




【材料(2人前)】
 ■まぐろ切落し…100g程度
 ■オリーブオイル…適宜
 ■ミックススパイスソルト(クレージーソルトなど)
 ■あれば バジルの葉…1~2枚 ⇒今回は青しそで代用

【作り方】
(1)まぐろの切落しをお皿に並べます。
   その上にミックススパイスソルトをまんべんなく振ります。
(2)上からオリーブオイルをかけます。
(3)まぐろの上にバジル(今回は売ってなかったので青しそで代用)の葉をちぎったものを
   乗せます。

お刺身は「醤油!!」って感じですけど、この食べ方もイケます。
おもてなし料理にもGood♪ 手間もかからないしねっ❤





 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:27Comments(4)まぐろ

2010年02月02日

今夜はおウチで居酒屋♪ 【びんちょうまぐろの昆布〆】

元々「おかず」よりは「つまみ」の多い魚屋さんブログです。(苦笑)

まぐろの中でも、あっさり味のびんちょうまぐろ。
正式には「ビンナガ(鬢長)」だけど、市場では「びんちょう」で通ってます。
今日は(またもやいつもの)昆布〆でいただきま~す(^~^)

びんちょうまぐろの昆布〆




【材料と下ごしらえ(2人前)】
 ■びんちょうまぐろ…150g ⇒サクの場合は薄くスライスする
 ■塩…少々
 ■だし昆布…10㎝長さを3枚
 ■日本酒…大さじ1~2

【作り方】
(1)平たい容器に昆布を置き、酒を振り掛けて戻しておきます。
(2)昆布の上にびんちょうの切身を乗せ、塩を少し振ります。
   昆布にも塩分があるので、控えめに!!
(3)昆布、びんちょう、昆布、びんちょう、昆布とサンドイッチのように重ねます。
   ラップで巻き寿司のようにくるんで、冷蔵庫で半日~1日寝かせます。
(4)器に盛って、昆布を千切りにしたものを添えます。

お塩はぜひとも「いい塩」で!私は塩釜の藻塩を使いました。



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 06:39Comments(1)まぐろ

2010年01月29日

やっぱり寒い日はコレ!【まぐろ鍋】

会社で頂いたコレ!



なんと、まぐろのつみれなのです。気仙沼のメーカーさんのもので、「ちょっと面白いね」と担当者に話していたら、サンプルを頂戴してしまいました。
まぐろのすり身ににんじんや野沢菜なんかも入っています。

今日はこのつみれを使ったお鍋!
安く手に入るビンチョウも入れちゃいました!!
加熱するので、「筋」が入っているほうがおいしいよ♪

まぐろ鍋





【材料と下ごしらえ(2人前)】
 ■まぐろつみれ…8個
 ■ビンチョウまぐろ…100g ⇒角切にする
 ■ねぎ…太いもの1本分 ⇒5㎝長さに切る
 ■白菜…1/4株 ⇒葉をはがして洗い、ラップにくるんで5分加熱する
 ■木綿豆腐…1/2丁 ⇒1㎝幅に切る
 ■えのき…1袋 ⇒根元を切り、ばらしておく
 ■昆布だし醤油…100cc
 ■酒…大さじ3
 ■水…500cc

【作り方】
(1)鍋にだし醤油と水、酒を入れて沸騰させ、まぐろつみれを加熱します。
   浮かんできたらOKです。
   もちろん、まぐろじゃなくて他のつみれでいいですよ~ヾ( ' - '*)♪
(2)加熱した白菜は5㎝幅に切り、水気をギュッと絞ります。
(3)鍋に具材を並べ、(1)の煮汁を入れて煮ます。……さぁ、どうぞ!!

そしてこれが加熱後の写真♪




 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 06:21Comments(0)まぐろ

2009年11月25日

会津天宝のおかず味噌で!! 【まぐろとほたてのにぎり】

10月中旬から11月中旬まで、『献立クラブ』さんのトップページで
この魚屋さんBlogを紹介してもらいました。
その掲載のお礼に…と、一汁一菜亭(会津天宝醸造株式会社)から、おかず味噌を頂いたのです!!
その中の『大葉みそ』を使った一品です。

まぐろとほたてのにぎり




【材料と下ごしらえ】
 ■尾長まぐろ(柵)…150g程度
 ■塩…少々
 ■ほたて貝柱…3個 ⇒横に3等分する
 ■わさび…適宜
 ■(あれば)明太子…少々
 ■青しそ…3枚 ⇒縦に1cm幅に切る
 ■大葉みそ…適宜
 ■保鮮しゃり玉…18個

【作り方】
(1)尾長まぐろの両面に塩を振り、キッチンペーパーでくるんで
   冷蔵庫で1時間程度おきます。
(2)しゃり玉9個に大葉みそを塗ります。
(3)(1)のまぐろを寿司種用にそぎ切りします。
   写真はちょっと厚めに切ってしましました。。。
(4)大葉みそを塗ったしゃり玉に、まぐろを乗せ、青しその葉を帯にします。
(5)残り9個のしゃり玉にはわさびを塗り、スライスしたほたて貝柱を乗せます。
   ちょうど明太子が残っていたので、飾りにちょこんとのせました。
(6)まぐろが余ったら、わさびと青しその葉の粗みじん切りであえておつまみにどうぞ!

味が薄い尾長まぐろに塩をして締めることで、もっちりとした身になり、より美味しくなりました♪
我ながらいいアイディアnekoだったと自画自賛ヽヽ(≧▽≦)//
しゃり玉は、なんと常温で3週間保存できるという『保鮮しゃり玉』
居酒屋さん等を中心に大好評の商品です。
これがあればおウチでも簡単ににぎり寿司が楽しめますよ~♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 07:23Comments(2)まぐろ

2009年08月27日

Qちゃん!! 【まぐろ納豆太巻】

やまかけ用の安いぶつ切りの解凍まぐろを使って、巻寿司を作ってみました。
納豆ときゅうりのQちゃん漬も入ってます。

まぐろ納豆太巻


【材料と下ごしらえ】
 ■まぐろ山掛け用ぶつ切り…80g
 ■醤油…小さじ1
 ■わさび…2.5g(刺身についてくる小袋1個)
 ■納豆…1パック
 ■きゅうりのQちゃん漬…粗く刻んで大さじ4
 ■ご飯…1.5合分
 ■粉末寿司酢…大さじ1.5
 ■のり…2枚

【作り方】
(1)まぐろは包丁でたたき、醤油とわさびで下味をつけておきます。
(2)納豆もたたき、添付のたれで下味をつけておきます。
(3)温かいご飯に粉末寿司酢を混ぜ、うちわで扇いで人肌まで冷まします。
(4)海苔を広げ、ご飯の半分の量を乗せます。向こう側を1.5㎝くらいあけておきます。
(5)まぐろと納豆、きゅうりのQちゃん漬をのせて巻きます。
   巻き終わりを下にしてしばらくおいて海苔をなじませます。
(6)ぬれぶきん(丈夫なキッチンペーパー)を用意し、包丁を拭きながら1本を8つに切り分けます。


きゅうりのQちゃん漬は、いつもお尋ねする「津軽ばあばの献立日記」で教わりました。

きゅうりを600g使い、作っています。
これが2回目なのですが、今回は摘果きゅうりで作っています。
きゅうりのQちゃん漬はこちらのページから。。。

まぐろはネギトロ用のもの、納豆もひきわりを使うとよりお手軽ヾ( ' - '*)♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 07:44Comments(0)まぐろ

2009年08月17日

寝かせました(-_-)zzz 【韓国風まぐろのヅケサラダ】

解凍のバチまぐろ柵を使って、韓国風のヅケまぐろを作りました。
一度湯引きにした柵を、1日ほど漬け込んでいます。

韓国風まぐろのヅケサラダ




【材料と下ごしらえ】
 ■解凍バチまぐろ柵…100g程度
 ■コチュジャン…10g
 ■唐辛子味噌…お好みで
 ■だし醤油…大さじ3
 ■レタス…1/2玉  ⇒洗って手で一口大にちぎる
 ■玉ねぎ…1/2個 ⇒うす切りにして水にさらす
 ■赤ピーマン…少々(彩り用) ⇒千切りにする

【作り方】
(1)まぐろの柵が入るくらいの鍋にお湯を沸騰させます。
   ここにまぐろを入れて、表面が白くなるまで加熱します。
   白くなったら、すぐに氷水に取って冷します。
(2)厚手のビニール袋に、だし醤油とコチュジャンを入れて良く混ぜます。
   お好みで唐辛子味噌を追加します。
(3)まぐろの水気を切り、(2)の袋に漬け込みます。
   空気を抜いてピッタリ閉じ、冷蔵庫で半日~1日漬け込みます。
(4)レタスと玉ねぎ・赤ピーマンの水気はよ~く切っておきます。
(5)お皿に野菜を盛り、漬け汁を拭いてそぎ切りにしたまぐろを並べます。
   漬け汁をドレッシング代わりにしてどうぞ!!

安い冷凍まぐろもこうやって食べるとイケます!!



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 07:04Comments(0)まぐろ

2009年04月29日

とろとろびんちゃん♪ 【まぐろのエスニックサラダ】

いいお天気ですね~。
いままでスカパーで「ハイジ」の総集編をぼ~っと見てました。
すっかり休日モードです。
さかなやさんは、今日は自宅からの記事アップです。

最近のネーミング大ヒット商品!!
その名も「とろとろびんちゃん」♪このキャラもかわいいの。
これは冷凍ものの「とろビンチョウマグロ」の商品名。
ウチの会社の「まぐろ課」で扱っています。
これをちょこっといただいてきたので、エスニック風のサラダにしました。

まぐろのエスニックサラダ


【材料と下ごしらえ】
 ■とろとろびんちゃん…200g ⇒1.5㎝程度の角切りにする
 ■ミニトマト…4個 ⇒縦に4等分する
 ■新玉ねぎ…1/4個 ⇒みじん切りにする
 ■パクチー…1株 ⇒葉と茎にわけ、茎はみじん切りにする
 ■細ねぎ…2本 ⇒小口に切る
 ■ごま油…小さじ1
 ■エスニックだれ
  ・ナンプラー…大さじ1
  ・砂糖…大さじ1/2
  ・レモン汁…大さじ1/2
  ・米酢…大さじ1/2
  ・にんにくのすりおろし…少々
  ・赤唐辛子の小口切り…お好みで
  ・ごま油…小さじ1

【作り方】
(1)エスニックだれの調味料を全部混ぜ合わせます。
   この中に、みじん切りにしたパクチーの茎と、小口に切った細ねぎ、
   みじん切りにした玉ねぎを入れて、よく混ぜておきます。
(2)角切りに切ったとろとろびんちゃんにごま油をまぶします。
(3)とろとろびんちゃんを(1)に入れて和えます。
(4)器に盛って、まわりにミニトマトを飾り、パクチーの葉をちぎって天盛りにします。

冷蔵庫にパクチー(香菜)があったので、ちょっと本格的になりました~♪
エスニック風味、うまぁ~)^o^(


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 11:49Comments(0)まぐろ

2009年04月14日

ブログ3周年になりました♪ 【まぐろの2色丼】

ちょっとお休みしてました~face04
社内の引越し前の整理が思いの他、時間がかかってしまったのです…

気づけば桜も満開sakura
ブログも4月12日に3周年を迎えることが出来ました!
皆さんのおかげで、3年間でなんと23万ものアクセス拍手
感謝、感謝ですヽヽ(≧▽≦)//

お魚料理に特化したレシピで、ちょっとくじけそうなときもありましたが、なんとかやってこれました。

家庭で作る「おかず」をモットーにしてきたつもりだったのですが、
「つまみが多い」だの「酒の肴だね」だの、という声も(一部社内から?)聞こえます(汗)
それに簡単に使える生食商材ばっか!! (これは反省点ですね~)

そんな「魚屋さん」に似つかわしいとでもいうのでしょうか。
今日も簡単なレシピです。…しかも、ご飯にもつまみにもなります♪~( ̄ε ̄;)

まぐろの2色丼




【材料と下ごしらえ】
 ■尾長まぐろ(ブロック)…370g(正味で300g) ⇒皮と血合いを取り除く
 ■たくあん…30g ⇒粗みじんに切る
 ■長ねぎ…3㎝程度 ⇒みじん切りにする
 ■青しそ…8枚程度 ⇒4枚を除いて千切りにする
 ■わさび…3g(刺身についてくる袋)
 ■海苔…1/2枚 ⇒ちぎっておく
 ■長芋…80g ⇒細めの千切りにする
 ■ご飯…1合
 ■粉末寿司酢…大さじ1
 ■漬け汁
  ・ナンプラー…大さじ1弱
  ・濃口醤油…小さじ1
  ・みりん…大さじ1/2
  ・マヨネーズ…大さじ1/2

【作り方】
(1)今回は尾長まぐろのブロックを使いました。
   皮も血合いもついていたので、取り除いた正味は300gです。
   腹側の筋が入っているほう100gとそうでない背側に分けておきます。
   サクで作る場合は、100gと200gに分けておいて下さい。
(2)腹側の100gは包丁でよくたたきます。筋があるので、除きながらたたき、
   粗みじんにしたたくあんもまぜてたたきます。
(3)漬け汁の調味料を良く混ぜ合わせておきます。
(4)残ったまぐろを食べやすい大きさの削ぎ切りにし、(3)に10分程度漬け込みます。
   千切りにした青しその半分を混ぜておきます。
(5)ご飯は冷えていたら温め、粉末寿司酢を混ぜ、粗熱を取ります。
(6)丼に寿司飯をいれ、半分にちぎった海苔を敷きます。
   もう半分には、青しそを2枚敷きます。
(7)青しその上に(2)のたたきまぐろ、海苔の上に(4)のヅケまぐろを、
   空いたところに千切りの長芋を乗せます。
(8)たたきまぐろの上には長ねぎのみじん切りを、ヅケまぐろの上には残りの青しそを、
   長芋とたたきまぐろの上に、お好みでわさびを乗せます。

マヨネーズを入れるというのは、たまたまTVで見た、まぐろのヅケの汁を参考にしました。
特に今回は尾長まぐろをつかっているので、コクを出すためにもナンプラー&マヨネーズの両刀使いです。
ナンプラーがいい仕事してます。
普通に器に盛っても、「肴」になりますよ~♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 10:52Comments(3)まぐろ

2009年03月14日

宮城産の醤油なのだ!! 【まぐろのネギ和え】

お取引先の仙台味噌醤油(ジョウセン)さんから、お醤油をいただきました!!
宮城県産の小麦と宮城県産の大豆で作った丸大豆醤油。
以前、dancyuの「お醤油対決」にも登場したというもの。
誌上では、「赤身にあう」お醤油として紹介されたとか。

赤身といえば、まぐろ。
さっそく試してみなくっちゃ!!

お醤油の味を活かすために、シンプルなレシピとなりました。
余計な調味料はいらないねっ!
本当に香ばしい、魚にあうお醤油でした~。

K関さん、ありがとうございました。

まぐろのネギ和え


【材料と下ごしらえ】
 ■まぐろの切落し…160g ⇒一口大に切る
 ■細ネギ…2本 ⇒小口に切る
 ■長ネギ…10㎝ ⇒みじん切りにする
 ■醤油…大さじ1
 ■かんずり…小さじ1

【作り方】…作り方もホントにシンプル!
(1)ボウルに細ネギの小口切りと長ねぎのみじん切りを入れます。
   ここにかんずりと醤油を加え、よく混ぜます。
(2)まぐろをあえて出来上がり!!

今日はあえてミナミマグロの切落しを使いました(解凍ものだったけど)。
お醤油が脂に負けない、というところをみたかったもので。。。
確かに、ちょっとクセのあるミナミマグロにも勝ち(笑)♪
青魚にも使ってみたいなぁ。



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:03Comments(2)まぐろ

2009年02月03日

今夜のおつまみ【まぐろの黄身醤油和え】

またまた簡単すぎるおつまみですみません。_(._.)_

特に冬は「ビンチョウまぐろ」がお買い得!
もっちりしているけど、あっさりしたビンチョウには、黄身でコクをプラスして♪
う~ん。。。日本酒が進みます。。。

まぐろの黄身醤油和え


【材料と下ごしらえ】
 ■ビンチョウまぐろ…200g ⇒1.5㎝程度の角切りにする
 ■黄身…1個分
 ■醤油…小さじ2
 ■わさび…小さじ1/2
 ■もみのり…適宜

【作り方…というほどでもないですが…
(1)黄身に醤油を混ぜます。
(2)角切りにしたビンチョウまぐろに黄身醤油とわさびを絡めます。
(3)器に盛って、もみのりを天盛りします。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:25Comments(2)まぐろ

2009年01月22日

【ネギマ串カツ】

冷凍のまぐろサクを使って、串カツを作りました。
ポイントは衣をつけてから串に刺すことと、その際に隙間を空けること。
衣つけも簡単だし、火の通りもはやくなります♪

ネギマ串カツ


【材料と下ごしらえ】
 ■まぐろサク…180g(解凍ものでかまいません!!) ⇒塩を少々振り、10分くらいおいて水気を拭く
 ■すりおろしにんにく(チューブ)…1㎝くらい
 ■長ねぎ…1本 ⇒4㎝長さに切る
 ■とき卵…1個分
 ■小麦粉・パン粉…適宜
 ■キャベツ
 ■つけだれ
  ・ウスターソース+タバスコ少々+レモン汁少々
  ・マヨネーズ

【作り方】
(1)水気を拭いたまぐろの表面に、軽くコショウを振り、にんにくをこすり付けます。
(2)まぐろは4㎝×2㎝の棒状に切ります。
   これはあくまで私が買ったまぐろの大きさに合わせたものです。
   全部で6串分(12ピース)に切って下さい。
(3)ねぎはまぐろの長さにあわせて切り、まぐろの数と同じだけ用意します。
(3)まぐろとねぎにそれぞれ小麦粉→溶き卵→パン粉をつけます。
   パン粉は細かい目のものがいいでしょう。
(4)ねぎ→まぐろ→ねぎ→まぐろで1セットとなるように、串に刺します。
   ぎゅうぎゅうに刺さずに、間を少し空けるようにすると火の通りが早いですよ♪
(5)揚げ油でカラッとなるまで揚げます。
(6)付け合せはキャベツのざく切りでどうぞ!
   ウスターソース+αのソースと、マヨネーズが合います♥

今回はきはだまぐろを使いましたが、ビンチョウなんかでもいいですね~( ‘∇‘ )ノ”



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:22Comments(4)まぐろ

2009年01月13日

【まぐろとセリのごま和え】

まぐろの角切をつかった、簡単おつまみ!!
また「つまみのブログだね」って言われそう。。。(⌒o⌒;) ・・・・
(でも事実ですからねぇ…)

ちょっと見た目がイマイチですが、UPしちゃいます。

まぐろとセリのごま和え





【材料と下ごしらえ】
 ■まぐろ(角切)…120g
 ■セリ…1把 ⇒塩を加えた熱湯でさっとゆでて水気を絞る
 ■すりごま(白)…大さじ1
 ■韓国唐辛子(粉末状)…小さじ1/4
 ■だし醤油…大さじ1

【作り方】
(1)セリは3㎝長さに切っておきます。
(2)すりごま、韓国唐辛子、だし醤油をよく混ぜ合わせておきます。
(3)まぐろを(2)のたれにつけ、30分くらい寝かせます。
(4)食べる直前に、セリと和え、器に盛り付けます。

粉末の韓国唐辛子が決め手ですヾ( ' - '*)♪
買ってきたお刺身が大きかったら、半分くらいに切ってくださいね。
小さめの角切のほうが味がしみます。
日本酒が進みます♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 09:04Comments(0)まぐろ

2008年12月17日

まぐろとアボカドの巻寿司

魚売場ではカツオが冷凍ものになって、ビンチョウマグロが増えてきました。
冬ですねぇ。
こんな事で季節感を感じてしまうのは、魚屋さんに勤めているからでしょうけど( ̄д ̄)

びんちょうはお求め易いまぐろ。
ちょっと薄味ですけど、ヅケにしてこってりのアボカドと一緒にマキマキしてみました。

まぐろとアボカドの巻寿司


【材料と下ごしらえ】
 ■ビンチョウまぐろ…200gのサク
 ■まぐろヅケだれ ⇒南蛮醤油は自家製です。濃口醤油で代用可♪
  ・南蛮醤油…大さじ1
  ・濃口醤油…大さじ1
  ・みりん…大さじ1
  ・酒…大さじ1
 ■アボカド…1個
 ■レモン汁…少々
 ■温かいご飯…1合半
 ■粉末のすし酢…大さじ1.5
 ■のり…3枚

【作り方】
(1)厚手のビニール袋の中にヅケだれの調味料を混ぜ、まぐろを漬けます。
   急ぐ場合でも1時間は漬け込んでください。
(2)アボカドの皮をむき、1㎝角になるように切ります。
   変色を防ぐため、レモン汁をほんの少々振りかけておきます。
(3)まぐろは漬け汁を拭いて、棒状に切ります。
(4)温かいご飯に粉末のすし酢を混ぜます。ご飯は3等分しておきます。
(5)巻簾の上にのりをのせ、手前1㎝、向こう側2㎝の余白を残してご飯を均等に敷きます。
(6)手前から1/3程度のところを指ですこし凹ませて、まぐろとアボカドをおきます。
   ネタを包んだところで一回ギュッと力を入れた後、全体を巻きます。
(7)3個分作ったら、1本を8等分します。
   水でぬらして絞ったキッチンペーパーを用意し、包丁をきれいにしながら切るとうまく切れます♪

濃厚なアボカドのおかげで、アッサリ味のびんちょうがおいしくなりました♪


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 07:52Comments(0)まぐろ

2008年11月03日

まぐろの巻寿司4種

先日青森に出張したのですが、それは展示会のお手伝いのためでした。
その展示会で紹介したものの一部がコレ!

その名も「シャリシート」!
酢飯がシート状になっているのです。
ごはんはひとめぼれ100%の地産地消商品です♪

1袋にシートが8枚入り。海苔1枚に4つのシートがのる大きさです。
ピンクのは「さくら」という名前がついてます。
これはお祝いごと用ですね~。
他に「うぐいす」という薄緑の仏事用もあります。

このシャリシートを使って、巻寿司をつくりました。
具はまぐろのたたきを使って4種類。
あんまりうまく巻けなかったケド、公開しちゃいます( ̄▽ ̄)=3

まぐろの巻寿司4種


【材料と下ごしらえ】
 ■まぐろたたき…2人前(約160g)
 ■まぐろ納豆用
  ・納豆…1パック ⇒粗みじん程度にたたく
  ・ゆず胡椒…少々
 ■とろたく風用
  ・ぜんご漬…大さじ3 ⇒粗みじんにする
 ■きゅうり巻・しそ巻き用
  ・きゅうり…1本 ⇒縦に8等分する
  ・青しそ…4枚
  ・塩…少々
 ■シャリシート…2パック
 ■海苔…4枚

【作り方】
(1)まぐろたたきは4等分し、それぞれの巻物に使います。
(2)粗みじんにした納豆に、添付のたれとゆず胡椒で味付します。
   これをまぐろと一緒に巻いて、まぐろ納豆巻の出来上がり!
(3)ぜんご漬(山形の櫛引のお漬物)は刻んで、まぐろと一緒に巻きます。
   これでとろたくの出来上がり!
(4)きゅうりに薄い塩を当てて、水分がでてくるまでしばらくおきます。
   丁寧にする場合は、種の部分を取り除きます。
(5)まぐろたたき+(4)のきゅうりで一巻き。
   ご飯の上にしその葉を敷いて、まぐろたたき+きゅうりで一巻きします。
(6)キッチンペーパーをぬらしたもので包丁を拭きながら、切り分けます。

へたくそな巻き方ですみません~(・_・、) 。。
右から、とろたく風、納豆まき、きゅうり、しそプラスきゅうりになってます。
本当のとろたくは「とろ」と「たくあん」で作りますが、山形のおいしいお漬物で応用しまいた。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 08:32Comments(0)まぐろ

2008年10月15日

めじ(本まぐろ)の昆布〆

めじ…まぐろの子供です。今日のは、本まぐろの子供。
「本まぐろ」というと、脂がのっているイメージがありますが、
子供のめじはあっさりしたお味。赤身もうすピンクです。
お値段も相当安いのです。

----------------------------以下引用----------------------------
「めじ」という言葉
「めじ」というのはマグロ類の魚の幼魚に対して使われる。
例えばクロマグロは「本めじ」、キハダは「黄めじ」、などと使い分けるときもある。
主に関東での言葉ではと思われるが確信はない。
「目近」、すなわち吻(口)からすぐ後に目がある、という意味合いで「めじ」になってきたのだ。
--------------ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑より-------------

めじの昆布〆


【材料と下ごしらえ】
 ■めじまぐろ…1柵(200g程度) ⇒刺身用に切る
 ■早煮昆布…適宜
 ■酒…大さじ2
 ■塩…少々
 ■大根・きゅうり…付け合せ用 適宜 ⇒ツマにする

【作り方】
(1)昆布に酒をふりかけ、容器に入れて蓋をしてふやかしておきます。
(2)昆布を広げ、切ったまぐろの刺身を並べます。
   塩を上からほんの少し振り、昆布を重ねてサンドイッチにします。
(3)ラップをぴちっとかけ、冷蔵庫で1日置きます。
(4)器に盛って、ツマにした大根ときゅうりを飾ります。

以前に白身魚で昆布〆を作りましたが、あっさりした味わいのめじでもチャレンジ!
昆布の味が染み込んで、おいしくなりました。
早煮昆布を使ったのは、早く戻るからです。(そして安いから。。。)
もちろん、普通のだし昆布でもOK♪


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  
タグ :まぐろ昆布


Posted by mi-ki at 06:06Comments(0)まぐろ

2008年08月30日

まぐろの花にら和え

昨夜の雨は凄かったですね~icon05
カミナリがあんなに連続して光っているのを見たのは、初めてかもしれません。
まるで「太古の地球」みたいでした。

その頃我が家では、いつ停電になるかわからないなぁと思いつつ、
写真撮影をしておりました。

まぐろの花にら和え

【材料】
まぐろ刺身角切…130g
花にら…1束
塩・ごま油
★下味用調味料
  醤油…大さじ1/2
  みりん…大さじ1/2
★味付用調味料
  味噌…小さじ1
  だし醤油…小さじ1
  かんずり…少々
  ごま油…ひとたらし

【作り方】
(1)まぐろに醤油とみりんで下味をつけます。(5分程度)
(2)花にらをゆでます。
   熱湯に塩とごま油少々を加え、サッとゆでます。
   冷水に取り、小口に刻んで水気を切っておきます。
(3)味付用調味料を混ぜ合わせます。
   「かんずり」は新潟の唐辛子を使った調味料。
   一味唐辛子少々で代用できます。
(4)まぐろと花にらを(3)の調味料で和えます。


今日使ったのは、「だるま」と呼ばれるメバチの幼魚。
味が薄めなので、しっかりとした味をつけました。
解凍のまぐろでもいいでしょう。

 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)


    


Posted by mi-ki at 06:59Comments(0)まぐろ

2008年08月23日

まぐろ黒酢煮の和え物

昨日ご紹介した「まぐろとごぼうの黒酢煮」。
なにしろ800gもあるアラを煮たのですから、当然1回では食べ切れません。
全体を3つくらいに分けて、一つはごぼうを取り除いて冷凍庫へ、
もう一つはこんなアレンジはいかがでしょう♪

まぐろ黒酢煮の和え物

【材料】
まぐろの黒酢煮…1/3量
(ごぼうは除く)
長ねぎ…1/2本
きゅうり…1本
ごま油…大さじ1
塩…少々
糸唐辛子…あれば少々



【作り方】
(1)まぐろの黒酢煮はごぼうを取り除き、手で細かくします。
   フレークの「ツナ缶」のような感じにします。
(2)長ねぎは縦半分に切り、斜めに薄切りにします。
   水にさらしたあと、ペーパーに取り、ギュッと水気を絞ります。
(3)きゅうりは縦に4つ切りにします。
   もし種の部分が多いようならば、スプーンで取り除きます。
   これも斜め薄切りにして、塩少々を振って揉み、水気をギュっと絞ります。
(4)ボウルに(1)のまぐろ、長ねぎ、きゅうりをいれて和えます。
   ごま油を振り、全体をざっくり混ぜて味見をします。
   塩気が足りないようならば、醤油少々を加えて調節して下さい。
(5)器に盛り、あれば糸唐辛子を飾ります。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 06:14Comments(0)まぐろ

2008年08月22日

まぐろとごぼうの黒酢煮

まぐろのアラを使って作りました。
「アラ」と言っても、お刺身用のサク取りをした時にでた、筋の部分。
これが800gも入って200円!!
お惣菜に使わない手はないですよね♪

まぐろとごぼうの黒酢煮

【材料】
まぐろのアラ…800g
ごぼう…1/2本
水…200㏄
だし醤油…大さじ3
みりん…大さじ1.5
黒酢…大さじ3
★つけあわせ
 長ねぎ…1/3本

【作り方】
(1)まぐろのアラは2㎝角に切ります。
   もし、パックを開けて血合などが入っているようでしたら、
   切ったあとに熱湯をかけてすぐに冷水に取り、汚れを取り除きます。
   今日使ったものは、冷凍まぐろのアラだったらしく、筋部分だけでした。
(2)ごぼうは皮を包丁の背でこそぎ、小さめの乱切りにして、10分程度水にさらして
   アクを抜いておきます。
(3)圧力鍋に水・だし醤油・みりん・黒酢を入れてよく混ぜます。
   ここにまぐろとごぼうを入れて蓋をして、加熱します。
   蒸気があがってきたら弱火にして(弁がまわるくらい)、15分加熱、
   火を止めて自然に圧力が下がるのを待ちます。
(4)長ねぎは縦半分に切った後、斜め薄切りにして水にさらします。
   辛味を抜いて、ペーパーで水気をきり、器に盛ったまぐろの上に天盛りします。

酢を大さじ3杯も入れますが、加熱するのですっぱくはありません。
黒酢の香りがちょっと残っています。
写真は冷蔵庫で一晩おいたもの。
筋部分(コラーゲン)が固まって、煮こごりが出来ています♥

明日はこの黒酢煮を使った、アレンジレシピをご紹介する予定です。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)

  


Posted by mi-ki at 06:26Comments(0)まぐろ

2008年07月26日

まぐろのねばねば和え

昨日は東京に日帰り出張。
気温35℃はつらかった~(>_<)
疲れ果てて仙台に帰り、S-PALの魚屋さんで値引きになったお刺身を購入。
もらっていた子持メカブと納豆でまぐろを和えた、即つまみです。
和えるだけ…レシピじゃなくてごめんなさい。^_^;

まぐろのねばねば和え

【材料】
まぐろのぶつ切り…150g
子持めかぶ…大さじ3
納豆…1パック

【作り方】
まぐろを1㎝角に切って、すべてを混ぜるだけ!

味付は納豆添付のたれを子持メカブのみ。
ただ、それだけでした~。

 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)

  


Posted by mi-ki at 11:16Comments(0)まぐろ

2008年07月22日

まぐろの黒酢炒め

小めばちが、なんとg128円。
皮もついたままのブロックでしたが、思わず購入♪
でも、でも…。その日のうちに食べ切れなくて、火を通して食べることに。
(最近、このパターンが多いかも。反省。)

まぐろの黒酢炒め

【材料】
まぐろ…200g
玉ねぎ…中1/2個
モロッコいんげん…1袋
にんじん…5cm
黒酢…大さじ2
醤油…大さじ1
砂糖…大さじ1
コショウ・酒
ガーリックパウダー
小麦粉


【作り方】
(1)まぐろは1.5~2㎝角に切り、ガーリックパウダーを振って醤油大さじ1、酒大さじ1の中に
   漬け込みます。時間は30分程度でOKです。
(2)玉ねぎはくし型に切ります。
(3)モロッコいんげんは5cm長さに切ります。
   にんじんは厚みを3等分し、たてに薄切りにします。
(4)いんげん、にんじんを塩を加えた熱湯でゆがき、水気を切っておきます。
(5)まぐろに小麦粉をまぶしつけ、170℃の油で唐揚げにします。
(6)フライパンにサラダ油を入れて、中火で玉ねぎが透き通るまで炒めます。
(7)ここに茹でたいんげんとにんじん、揚げたまぐろを入れて全体を混ぜ合わせます。
   黒酢と醤油、砂糖はあらかじめ混ぜおき、最後に強火にしてからめます。

酢豚ならぬ「酢鮪」ですかぁ。。。
黒酢がいい味の決め手です。
もちろんオウチになかったら普通のお酢でも大丈夫♥

 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 10:21Comments(0)まぐろ