スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年02月01日

2月の地産地消 vol.1 【みやぎのタラ汁】

朝、玄関を開けたら…雪icon04!積もっているじゃん!!
起きてすぐにカーテンを開けたときには振っていなかったのに(-_-;)
ものすご~く、慎重に運転してきたさかなやさんです。
あ~、疲れた~。

さて、毎月恒例の地産地消イベントを、仙台市中央卸売市場の仙都魚類鮮魚売場で開催します!
(※残念ですが、一般の方はご入場いただけません。)

今月のテーマは「タラ」。
いわずと知れた鍋物の王様ですね。
宮城県は北海道・岩手に続いて、真タラの水揚量が全国3位。
寒い季節には身が太っておいしくなります。

今回は同じ市場の青果卸売である、仙台中央青果卸売(株)のご協力を得て、
仙台せりや曲がりねぎなどの地元野菜と一緒に、おいしいタラ汁を作ります。
それから、真タラ子を使ったキンピラも作りますよ~❤

みやぎのタラ汁




【材料(4人前)】
 ■タラ汁用の切身セット…1パック
  なければタラの切身…4~5切
 ■タラ白子…100g~150g程度
 ■白菜…1/8株
 ■大根…1/4本
 ■にんじん…少々
 ■曲りネギ…1本
 ■昆布…10㎝長さ
 ■酒・みりん…各50cc程度
 ■味噌…適宜
 ■酒粕(ソフトタイプ)…味噌の1/3~1/5程度(お好みで)

【下ごしらえ】
 ▽昆布は水につけておきます。
 ▽大根と人参は5mm程度のいちょう切りにします。
 ▽白菜は軸の部分を5㎝長さ、幅1㎝に、葉はざく切りにします。
 ▽セリは1㎝幅に切っておきます。
 ▽タラの切身(またはアラごと)は熱湯をかけて霜降りにします。
  その後、流水で汚れを取り除いておきます。
 ▽白子はざっと洗って汚れを取り、キッチン鋏で一口大に切ります。

【作り方】
(1)鍋に昆布と水、大根、人参、白菜の軸、下処理したタラのアラ、
   酒を加えて火にかけます。
   沸騰したら昆布を取り除き、アクを引きます。
(2)野菜が柔らかくなったら、タラの身を加えます。
(3)タラの身が煮えたら味醂を加え、味噌と酒粕で調味します。
   酒粕の量はお好みですが、味噌の1/3程度がおすすめです。
(4)食べる直前に白子とセリを加えます。

明日は、真ダラ子を使ったキンピラをご紹介しますね!! (^-^*)/





 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 05:40Comments(0)たら

2010年02月04日

辛くない韓国風お惣菜☆彡 【たらのジョン(卵焼)】

今、韓国風お惣菜のあれこれを調べています。
その中でも、簡単にできるレシピを発見!
生たらの切身を使います。
しかも辛くないから、おウチのおかずにピッタリですねヾ( ' - '*)♪

たらのジョン(卵焼)




【材料と下ごしらえ(2人前)】
 ■生たらの切身…200g ⇒骨を取り、一口大に切る
 ■塩…少々
 ■小麦粉…大さじ1
 ■卵…1個 ⇒溶いておく
 ■長ねぎの白い部分…10㎝ ⇒繊維に沿って切り、水にさらす
 ■ごま油…大さじ1
 ■たれ
  ・醤油…大さじ1
  ・酢…大さじ1/2
  ・砂糖…小さじ1
  ・ねぎのみじん切り…大さじ1
  ・お好みで韓国唐辛子(粉)

【作り方】
(1)たらに塩を少々振り、キッチンペーパーにくるんで10分ほど置きます。
(2)たれの材料を混ぜ合わせておきます。
(3)フライパンにごま油を入れて熱しておきます。
(4)(1)のたらに小麦粉をまぶし、溶いた卵にくぐらせて焼きます。
   弱火で蓋をしないで両面薄く焼き色がつくまで加熱します。
(5)器に盛り、水気をシッカリ切った白髪ねぎを天盛りにします。
   タレをつけて召し上がれ♪

たれの唐辛子はお好みで!
あれっ?コレってピカタの作り方にそっくり!!!



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:29Comments(3)たら

2009年12月20日

Simple♪ 【たらのジンジャーバター】

年末が近づいて、お魚売場もなめたやまぐろ、かにが主役になっていきました!
が!! 給料日前なので、ちょっと近づけません。。。
今日はお手頃な真だらを使っておかずにします。(^_^.)

たらジンジャーバター




【材料と下ごしらえ】
 ■生たら…2切(200g) ⇒厚みが均等になるように4等分する
 ■塩・白コショウ…適宜
 ■しょうが…1/2かけ ⇒薄切りにする
 ■片栗粉…大さじ1程度
 ■オリーブ油…大さじ1
 ■バター…10g
 ■つけあわせ(プチトマト3個、クレソン少々)

【作り方】
(1)小さく切ったたらに塩を振り、10分ほどおきます。
   出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取り、白コショウを振ります。
   さらに片栗粉を全体にまぶし、余計な粉は叩いておきます。
(2)フライパンにオリーブ油を温め、しょうがを炒めます。
   香りがしてきたら、一旦しょうがだけを取り出しておきます。
(3)弱火にしてたらの皮目のほうから焼いていきます。
   カリッとするまで加熱して下さい。
(4)反対側は蓋をして蒸し焼きにします。
(5)火が通ったら、蓋を外してバターと取り除いておいたしょうがを入れて
   強火で熱します。バターの風味をたら全体にいきわたるようにしたら出来上がり。
(6)お皿に盛り付け、横半分に切ったプチトマトとクレソンを飾ります。

最初に振った塩とバターの塩分だけで十分おいしい♪
シンプルなバターとショウガの香りでどうぞ( ‘∇‘ )ノ”



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:17Comments(1)たら

2009年12月18日

地産地消で!! 【塩竃汁】

すっかり放置になっていました。
毎日見に来てくれる方、ごめんなさい。

過去のものですが、美味しくできたので『塩竃汁』をご紹介しますね。
毎月行っている地産地消プロモーションの12月分として、
12/5の金曜日に市場内で試食にだしたものです。

もともと20年ほど前、塩竃の市場に遊びに来ていた子供に、
『寒いからこれでも食べてって』と、作られたのが塩竃汁の始まりとか。
かつて北転船でにぎわった塩竃では、タラの加工品である塩たらや
蒲鉾の原料であるすり身の製造、そしてサンマの水揚が多い港です。
そんな身近な材料で作られた塩竃汁ですが、今回は青果の卸売でもある仙印さん
(仙台中央青果卸売株式会社)のご協力で、仙台の伝統野菜である『仙台白菜』
『曲りねぎ』を加えた、特製塩竃汁にしました!

例によって、150食(試食分で…ですけど)ほど作ったので、分量は非常にアバウトです。
一応、記しておきますが、この分量で作ると大鍋2つ分になります(苦笑)

塩竃汁




【材料と下ごしらえ 分量は大鍋2つ分です!!】
 ■塩タラの小切…3kg
 ■タラとさんまのすり身(調味済みのすり身)…2kg
 ■仙台白菜…大1個
 ■曲がりねぎ…6束
 ■塩
 ■酒
 ■薄口しょう油

【作り方】
(1)塩タラの小切は、熱湯をかけてすぐに冷水に取り、汚れを取除きます。
キッチンペーパーなどで水気をふき取っておきます。
(2)仙台白菜は洗って、5~6cm長さに切ります。
   葉の部分はさらにざく切りに、芯の部分は縦に1cm幅に切ります。
(3)曲がりねぎは白い部分と緑の部分に分けます。
   白い部分の8割ほどを、3cm長さに切ります。
  太さがあるねぎの場合は、真ん中に包丁目をいれておきます。
   のこりの白いねぎは斜めに薄切りにします。
   青い部分は汚れを落とし、小口に刻みます。
(4)調味済みのすり身は直径2.5~3cmほどのボールにまとめます。
   鍋にお湯を沸かし、すり身を入れて再び浮いてくるまで加熱します。
   浮いてきたすり身ボールは、ザルにあげて水気を切っておきます。
(5)焼ねぎを作ります。
   (3)のぶつ切りにしたねぎを、フライパンに入れて加熱します。
    油を使わず、両面焦げ目がつくまで加熱します。
   (後から火を通すので、中まで火が通っていなくても大丈夫♥)
(6)(4)の汁に白菜を入れて加熱します。
   一煮立ちして白菜の芯の部分に少し火が通ってきたら、塩タラの小切と
焼ねぎ、ゆでたすり身ボールを入れて加熱します。
   でてきたアクは、こまめに取除きます。
(7)日本酒と塩で調味します。ほんの少しだけおしょう油を加えて風味をつけます。
   (だしの味がたりないなぁと思った方は、昆布茶を少し加えて下さい。)
(8)最後に斜め薄切りにした曲がりねぎを加え、一煮たちしたら出来上がりです。
   食べるときに、刻んだねぎや一味を足してどうぞ。

普通の分量も書いておきま~す♥
白菜…3~4枚、ねぎ…2~3本、塩タラ…200g、調味すり身…200g
これで3~4人分です。もちろん、白菜増量、豆腐をプラスなどアレンジもOK♥
とろっとろになった白菜と香ばしい焼ねぎが美味です。
あったまりますよ~ヽヽ(≧▽≦)//




 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 14:33Comments(0)たら

2009年11月15日

お財布にやさしい♪簡単鍋 【たらと白菜の昆布鍋】

お財布にやさし~い、しかも簡単にできる鍋物です!!
なんと『塩こんぶ』を使って味付け!

たらと白菜の昆布鍋




【材料と下ごしらえ】
 ■塩たら…3切 ⇒1切を4つにそぎ切りする
 ■白菜…1/4株 ⇒4cm長さに切る
 ■にんじん…4cm程度 ⇒5㎜厚さに切り、型抜する
 ■塩昆布…30g(1袋)

【作り方】
(1)白菜の芯?(白いところ)は繊維に沿って5㎜程度の棒状に切ります。
   葉(緑のところ)は、ザク切りにして鍋にします。
(2)鍋に白菜を入れて水を500ccほど入れ、火にかけます。
   沸騰してきたら蓋をして弱火にし、10分ほど煮ます。
(3)蓋を外して強火にし、一旦沸騰させます。
   ここでたらの切身と塩昆布を投入!!
   彩りのにんじんも入れて、柔らかくなるまで加熱します。
(4)器に盛ってどうぞ!

くたくたの白菜が好きなので、あらかじめ白菜だけに火をとおしています。
『シャッキリ』が好きな方は、(2)を飛ばしてください。
汁の色は昆布の色!特にお醤油などは入れていません。
塩昆布だけで味付け&だしができます♪




 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 08:17Comments(0)たら

2009年11月07日

野菜たっぷり♪【たらのターメリックスープ】

以前、モニターで頂いていた小サイズのターメリックが残っていました。
ターメリックって、『うこん』!
こりゃ体にいいかも!!
たらと一緒に、野菜たっぷりのスープ煮にしてみました。

たらのターメリックスープ




【材料と下ごしらえ】
 ■生たら…大き目のもの2切 ⇒塩少々を振り、10分ほどおく
 ■ブロッコリー…1/2株 ⇒小房に切る。軸は皮を厚くむいて輪切りにする
 ■プチトマト…10個程度 ⇒大きければ横半分に切る
 ■玉ねぎ…1/2個 ⇒根元をはずし、縦半分にしたものを4等分にする
 ■しめじ…1/2袋 ⇒根元を切り、ばらしておく
 ■ターメリック…2g(ギャバン ミニパックシリーズを1袋)
 ■固形コンソメ…個
 ■白ワイン…100cc
 ■塩・コショウ…適宜

【作り方】
(1)たらは出てきた水気を拭いて、1切を4~5つに切ります。
(2)鍋に玉ねぎとしめじを入れ、ターメリック、コンソメと白ワイン、
   水を600ccほど注ぎ、よく混ぜます。
(3)火にかけて沸騰したら、一口大に切った(1)のたらを加えます。
(4)たらが煮えてきたら、ブロッコリーとトマトを加えます。
(5)ブロッコリーが柔らかくなったら出来上がり!
   味をみて、足りなければ塩・コショウで調味してください。

ただ材料を煮込むだけ!
野菜とたらの旨味がスープに出ていて、パンをつけながらいただきたいおかずスープです。
ビタミンもたっぷりね~ヾ( ' - '*)♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:16Comments(0)たら

2009年03月13日

ルクエ・スチームケース第2弾♪【たらとじゃが芋のクリーム煮】

ルクエのスチームケース★レシピ、第2弾です♪

今日はお店で「たらのほっぺ」を見つけたので、これを使いました。
もちろん切身でも大丈夫です。ヾ( ' - '*)♪

それからプチベール!!
以前から気になっていたのですが、食べ方がどうもよくわからなくて手に取れませんでした。
調べてみたら、世界初の非結球性芽キャベツとか。。。
加熱して食べると甘味があって癖もない、ということなのでチャレンジです♥

たらとじゃが芋のクリーム煮


【材料と下ごしらえ】
 ■たらほっぺ…160g ⇒一口大に削ぎ切りする
 ■じゃが芋…小3個(300g) ⇒皮をむいて5㎜厚さに切る(水にさらさないで!!) 
 ■玉ねぎ…1/2個 ⇒薄くスライスする
 ■生クリーム…100cc
 ■白ワイン…大さじ1
 ■コンソメ顆粒…5g
 ■プチベール…50g(1パック) ⇒洗って水気を切り、食べやすい大きさに分ける
 ■小麦粉…少々
 ■塩・コショウ…適宜
 ■オリーブ油…全部で大さじ1

【作り方】
(1)たらほっぺに塩を少々振り、キッチンペーパーでくるんで10分おきます。
   軽く白コショウを振り、小麦粉を薄くまぶします。
(2)フライパンにオリーブ油を大さじ1/2入れて熱します。
   まず、(1)のたらの両面をサッと焼き、取り出します。
(3)続いてオリーブ油大さじ1/2を追加し、玉ねぎを炒めます。
(4)全体に透き通ってきたら、白ワインと生クリーム、コンソメ顆粒を入れて、
   熱を軽く通しておきます。
(5)ルクエ・スチームケースにじゃが芋、(2)のたら、(4)のソースを入れます。
   電子レンジ(500w)で4分加熱し、そのまま3分置き、余熱で火を通します。
(6)スチームケースの蓋を開けて、プチベールを上にのせ、500wで1分半加熱します。

そしてお皿にもったのがコレ♪




うま~い♪ 大好きな味に仕上がりました♥
プチベールも、んま~い♪




 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)

  続きを読む


Posted by mi-ki at 06:19Comments(0)たら

2009年03月12日

エスニック~(_´Д`) 【たらのグリーンカレー煮】

北の魚が南のカレーに出会いました。。。
先日買ったグリーンカレーの缶詰。
たらのソテーに合わせてみました。

たらのグリーンカレー煮


【材料と下ごしらえ】
 ■生たら…2切(180g) ⇒1切を3等分する
 ■塩…少々
 ■小麦粉…少々
 ■サラダ油…大さじ1
 ■グリーンカレー缶…1缶(190g)
 ■黄ピーマン・赤ピーマン…各30gずつ ⇒千切りにする

【作り方】
(1)たらに塩少々を振り、ペーパーでくるんで10分おきます。
  表面の水気を良く拭き、小麦粉を薄くまぶします。
(2)フライパンにサラダ油を熱し、(1)のたらを両面こんがり焼きます。
(3)焼色がついたら、グリーンカレーを入れて5分煮ます。
(4)黄ピーマン・赤ピーマンの千切りを加え、サッと煮ます。

ココナッツミルクがエスニックなグリーンカレー。
お口の中がかなりホットでした~♪
癖のないお魚だから、カレー味にもぴったりでしたよん。
かじきなどでもOKですね~♥



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:17Comments(0)たら

2009年02月16日

今夜は白ワインとコレで♪ 【たらの生ハム巻ソテー】

関東では春一番が吹いて記録的な温かさになったと思ったら、
またまた今週は「平年並み」の気温になるとか。
体の調子も狂っちゃいますね。

さてさて。
まだまだおいしい冬の魚でおつまみ♪です。
今夜はこんなおつまみで一杯いかがでしょう?

たらの生ハム巻ソテー




【材料と下ごしらえ】
 ■生たら…3切(200g) ⇒塩を少々振り10分置く
 ■生ハム…9枚(50g程度)
 ■塩・コショウ…適宜
 ■小麦粉(強力粉)…適宜
 ■ブロッコリー(大)…1/2株(150g) ⇒塩を加えた熱湯で茹でておく
 ■にんにく…半かけ ⇒芽を除いて薄くスライスする
 ■オリーブオイル…大さじ1

【作り方】
(1)たらの水気を拭き3等分し、塩・コショウを振ります。
(2)たらに生ハムを巻きます。
   小麦粉を薄くまぶしつけ、生ハムの巻き終わりを下にしておきます。
(3)フライパンにオリーブ油とスライスにんにくを入れて火にかけます。
   香りがしてきて、にんにくが軽く色づいてきたら取り出しておきます。
(4)このフライパンで(2)のたらの両面を焼きます。
   まずは生ハムの巻き終わりのほうから弱火で焼きます。
   軽く色づくまでソテーして下さい。
(5)器にたらと茹でておいたブロッコリーを盛り付けます。
   (3)のにんにくチップを上から散らします。

生ハムの塩分があるので、(1)の塩・コショウは軽めに!
骨が気になる方は、(1)の段階ではずしておきましょ。
あっさりとしたたらの身が生ハムでグレードアップ♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 08:33Comments(2)たら

2009年01月17日

【たらと白菜の蒸し鍋】

「蒸し鍋」が今年流行るかも!?
昨日の「はなまるマーケット」でやっていたものを参考に、早速作ってみました。
昨日はお休みだったので、朝からテレビをみてたのです。。。

たらと白菜の蒸し鍋




【材料と下ごしらえ】
 ■甘塩たら切身…2切(170g) ⇒4~5つに削ぎ切りにしておく
 ■白菜…1/4株 ⇒葉と軸に分ける
 ■白ワイン…3/4カップ
 ■コンソメ顆粒…小さじ1
 ■バター…大さじ2
 ■塩・コショウ…適宜
 ■細ねぎ…2~3本 ⇒小口に切る
 ■ポン酢・もみじおろし…お好みで

【作り方】
(1)白菜の葉はザク切りに、軸は4~5㎝長さに切り、縦(繊維方向)に拍子木切りにします。
(2)鍋に白ワインを入れ、白菜の軸、葉、削ぎ切りにしたたらを入れます。
(3)ぴっちり蓋をして弱火にかけ、蒸気があがってきてから15~20分加熱します。
(4)蓋を取り、バターと塩コショウを加えて味付けします。
(5)食べる直前に小口切りにした細ねぎをかけます。
   ポン酢やもみじおろしでどうぞ♪

あっさり味のたらには、バターでコクを加えましょう ヾ( ' - '*)♪
白菜の水分とワインだけでおいしく仕上がります。
生のたら切身の場合は、塩を振って10分くらい置き、水気をふいてから使ってください。



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 09:44Comments(0)たら

2009年01月15日

【白子とわかめのさっと煮】

寒いですね~。
これからが冬の本番。
まだまだ序の口かと思うと。。。(~_~;)

こんな寒い日は、これで日本酒をどうぞ♪
たっぷりのかつお節でとったおだしを使い、白子を薄味でさっと煮ました。
わかめも美味です(_´ω`)

白子とわかめのさっと煮




【材料と下ごしらえ】
 ■助白子…250g ⇒塩水でさっと洗う
 ■菜の花…30g ⇒塩を加えた熱湯で軽く茹でる
 ■わかめ(戻したもの)…60g ⇒3㎝長さに切る
 ■だし…200cc
 ■うす口醤油…大さじ1
 ■酒…大さじ1.5
 ■みりん…大さじ1/2
 ■塩…ひとつまみ
 ■ゆずの皮(あれば)…少々

【作り方】
(1)白子は黒い筋などの汚れを取り、一口大に手でちぎります。
   キッチンペーパーで水気をふき取っておきましょう。
(2)菜の花は3~4㎝に切ります。
(3)鍋にだし、うす口醤油、酒、みりんをいれて沸かします。
   沸騰してきたら白子を入れて、再び沸騰したら火を弱め、3分くらい加熱します。
(4)白子がぷっくりしてきたら火を止めます。
(5)器に白子を盛り、残った汁に菜の花を入れてさっと温めます。
(6)菜の花も器に盛り、わかめも汁に入れて温めます。
(7)わかめも盛りつけ、あればゆず皮の千切りを添えます。

おだしに使うかつお節は贅沢に使っちゃいましょう!
ゆず皮はピーラーで剥いたものをキッチンペーパーにくるみ、冷凍しています。
ちょこっとしか使わないから、これが便利よ~♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)

  


Posted by mi-ki at 07:33Comments(4)たら

2008年12月25日

たらポテトサラダ(ツリーversion)

クリスマスなので!!
せっかくだからちょっとカワイク仕上げました。
お星様が不器用ですが。←これじゃぁヒトデだよっ!!

たらポテトサラダ(ツリーversion)


【材料と下ごしらえ】
 ■甘塩たら…2切(150g)
 ■白ワイン…大さじ2
 ■玉ねぎ…1/4個 ⇒みじん切りにして塩もみし、みずにさらして水気を切る
 ■じゃが芋…2個(300g) ⇒皮をむいて8等分にする
 ■ブロッコリー…1/2株 ⇒塩を加えた熱湯でゆでる
 ■マスカルポーネチーズ…大さじ3
 ■グリーンオリーブ…10個 ⇒水気を拭いて粗みじんに切る
 ■カラーピーマン…適宜
 ■ドレッシング
  ・酢…小さじ1
  ・オリーブ油…大さじ1
  ・塩、コショウ…適宜

【作り方】
(1)たらに白ワインをふりかけ、ふわっとラップをしてレンジで3~4分加熱します。
   「甘塩」たらの塩分は色々!!
   後々の塩加減が変わってくるので、加熱後ちょっと味見をしておきます。
   粗熱が取れたら、たらの皮と骨をのぞいておきます。
   残った汁も濾してとっておきます。
(2)鍋にじゃが芋とひたひたの水を入れて、粉ふき芋を作ります。
   水が半分程度になってきたら、(1)の残り汁を加えて、たらの旨味をじゃが芋に吸わせます。
(3)熱いうちにじゃが芋をマッシャーで潰し、ドレッシングをかけて下味をつけます。
   マスカルポーネも加えて、全体をよく混ぜておきます。
(4)粗熱が取れたら、刻んだオリーブと玉ねぎ、ほぐしたたらを加えます。
   味を見て、塩気が足りなければ補って下さい。
(5)器に盛り付けます。
   ツリーのように山にし、側面にはカラーピーマンやオリーブのスライスでデコレーション♥
   てっぺんの★は赤ピーマンでつくりました!

クリスマスなので、せっかくですから…。
見た目はこんなですが、お味は大人向け!
マルカルポーネが入って、クリーミーなポテサラです。
オリーブも美味。
今日はアンチョビ入のものをつかいました。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 08:34Comments(0)たら

2008年12月19日

たらのビール揚 エスニックソースで♪

以前にあなごをビール衣で揚げたことがありました!
今日は白身魚の代表格、たらでフリッター風♪
ナンプラーと香菜をいれたソースをかけていだだきま~す♥

たらのビール揚(エスニックソース)


【材料と下ごしらえ】
 ■生たら切身…2切(約200g) ⇒半分の大きさに切る
 ■塩…少々
 ■衣
  ・小麦粉…1/4カップ
  ・片栗粉…大さじ1
  ・コショウ…少々
  ・ビール…30~35㏄
  ・醤油…少々
 ■揚げ油…適宜
 ■付合わせのサラダ用野菜…お好みでどうぞ
 ■エスニックソース
  ・米酢…大さじ1
  ・ナンプラー…大さじ1
  ・レモン汁…小さじ1
  ・砂糖…一つまみ
  ・ドライの香菜…少々

【作り方】
(1)生たらに塩を少々振り、キッチンペーパーにくるんで10~15分置きます。
(2)エスニックソースの調味料を混ぜ合わせます。
(3)衣の材料を混ぜ合わせます。お醤油は最後にね!(もちろん残ったビール片手に料理♪)
(4)揚げ油を170℃くらいに熱し、たらに衣をつけてサクッと揚げます。
(5)お皿に生野菜などを盛りつけ、たらとエスニックソースを添えます。

お買物のない日でした。
付合わせの生野菜が冷蔵庫になかったので、コンビニの野菜サラダで代用しましたicon10


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 09:18Comments(0)たら

2008年12月18日

助白子の煮物

タラの季節!
白子もおいしくなってきました。
もちろん真白子(マダラの白子)がおいしいけど、高級食材(・_・、) 。。
でも、小さいスケトウダラの白子もおいしいのですよ~♪

助白子の煮物


【材料と下ごしらえ】
 ■助白子…100g ⇒塩水で洗い、汚れを落とし一口大に切る
 ■春菊…50g ⇒茎と葉にわけ、4cm長さに切る
 ■しめじ…1/2袋 ⇒根元を切落し、小房に分ける
 ■だし…100㏄
 ■みりん…大さじ1
 ■酒…大さじ1
 ■薄口醤油…大さじ1

【作り方】
(1)小鍋にだしとみりん、酒、薄口醤油を入れて火にかけます。
   塩気はお好みで調節して下さい。
(2)沸騰してきたら、しめじ、春菊の茎の順に入れて煮ます。
(3)春菊の茎が柔らかくなってきたら、白子と春菊の葉を入れてサッと煮付けます。
   火を通しすぎるのは厳禁!!    余熱でも硬くなりますので。

これは正に「日本酒のアテ」ですね~。
濃厚な白子の旨味が味わえます。
きちんとダシをとったのも正解♪


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 08:06Comments(0)たら

2008年11月19日

白子のチゲ鍋風

白子を使って、チゲ鍋風にしました。
キムチもたっぷり入れて!!
あったまりますよぉ~♥

白子のチゲ鍋風


【材料と下ごしらえ】
 ■真白子…200g ⇒黒い筋を取り除き、一口大に切る
 ■大根…200g ⇒千六本に切る
 ■あさり…200g ⇒貝同士をこするようにしら洗い、水気を切る
 ■日本酒…50㏄ 
 ■キムチ…100g
 ■豆腐…200g(半丁) ⇒8つに切る
 ■えのき…60g
 ■長ねぎ…1/2本 ⇒斜め薄切りにする
 ■コチュジャン…大さじ1強
 ■醤油…大さじ2
 ■薄口醤油…大さじ1
 ■煮干だし…700㏄

【作り方】
(1)あさりと酒を鍋に入れて、酒蒸しにします。
   沸騰して貝が開いたら火を止めて、貝と汁に分けておきます。
(2)(1)の汁に水を足して100㏄にし、煮干だしと合わせて鍋に入れます。
   コチュジャンをこの汁で溶きいれ、醤油、薄口醤油を加えます。
(3)大根、キムチを入れて煮ます。
   続いて、豆腐、長ねぎ、えのきの順に加熱していきます。
(4)最後に白子を加え、サッと火を通します。
   あさりを戻しいれて食べてくださいね。

辛さはお好みで!!
最後に糸唐辛子をトッピングしてみました。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 09:14Comments(0)たら

2008年10月23日

たらの和風ムニエル ♪かぼすバターソースで♪

たらを使って、ムニエルを作りました。
旬のかぼす(5個で128円!)と小かぶ(1束100円!)で和風にアレンジ♪

たらの和風ムニエル


【材料と下ごしらえ】
 ■たら…2切(200g) ⇒塩を軽くあてる
 ■かぶの葉…100g ⇒5cm長さに切り、軸と葉に分ける
 ■かぶ…200g ⇒食べやすい大きさに切る
 ■かぼす…1/2個 ⇒スライスを2枚とり、残りの果汁を絞る
 ■米粉(上新粉)…大さじ1
 ■塩…少々
 ■砂糖…一つまみ
 ■ゆかり…小さじ1
 ■バター…大さじ1
 ■サラダ油…大さじ1.5

【作り方】
(1)たらの表面に浮いてきた水気をキッチンペーパーで拭き取ります。
(2)かぶの葉を塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、水気を絞ります。
   フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、さっと炒めます。
(3)かぶの実?(本当は根)を厚手のビニール袋に入れて、塩、砂糖、ゆかりを加え、
   30分ほど置きます。手でもんでもOK。
(4)たらに米粉をまぶし、サラダ油大さじ1を熱したフライパンで両面焼きます。
(5)両面薄く焼き色がついたら、バター大さじ1を加えて香りをつけます。
(6)たらをお皿に盛り付けます。
(7)フライパンに残ったバターに、かぼすの汁を加えてソースにします。
(8)かぶの葉のバターソテー、汁気を切ったかぶ漬、かぼすの薄切りを添えます。

実はかぶって凄い栄養豊富!
最近、野菜と魚の組合せを勉強していて知りました。
特にかぶの葉はカルシウム、カロテン、ビタミンC、葉酸、ビタミンEなどが
豊富に含まれているんだってヾ( ' - '*)♪
根(実?)の方も、大根よりもビタミンC、葉酸、カリウムが豊富とか。
それから根と葉のどちらにも「グルコシアネート」という物質が大量に含まれており、
がんの抑制に効果があるそうなのです。
すごいぞ「かぶ」!!
それから、たらの良質なたんぱく質と組み合わせると、風邪予防や美肌効果!が
期待できるんだって♥



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 07:43Comments(0)たら

2008年01月25日

寒~いっ。(路面もツルツルだった!)

昨日の暴風雪!凄かったですねー。
さかなやさんは、番組収録のため仙台放送のロビーにいました。
昨日Movin'のアゴラ市場でご紹介したのは「真だら」です。
横なぐりの雪!でもTV局の人は凄いわぁ~。そんな中でも外で中継やるんだから。
(でも、台風中継並みって言ってました。)

こんなに寒いと、本当にあったかぁ~いものが食べたくなります。
そこで、今日は青森の郷土料理「じゃっぱ汁」をご紹介。
う~ん、正確に言うと「じゃっぱ汁風」かな?

「じゃっぱ」とは、「雑多」「雑端」の意味といわれます。
鱈の頭・中骨・内臓のほか、季節の野菜をたっぷりと入れます。
青森ではお正月に大きな鱈を一匹丸ごと買い、三枚におろした身は
昆布で締めてお刺身にし、あとは押し寿司、味噌漬けなどに。
胃袋は塩辛に。白子ならば吸い物、鍋物に…。
残ったアラで「鱈のじゃっぱ汁」を作り、余すことなくたらを楽しむそうです。

ご家庭では丸ごと一匹のたらを求めるのは難しいかもしれません。
その場合は、ぽんたらと呼ばれる小型のたらをお使い下さい。
地元では「アブラ」と呼ばれる肝臓を必ず入れるのがポイントです。

じゃっぱ汁
【材料】
たら(内臓も含む)
大根・にんじん・長ネギなど
(お好みの野菜)
出し昆布
味噌・日本酒

【作り方】
(1)たらのアラは、ぶつ切りにして熱湯をかけた後冷水に取り、
   残ったうろこなどを取り除き、水気を拭いておきます。
   丸ごと一匹買って、新鮮な内臓が手に入った場合は、
   胃袋は開いてきれいに掃除しておきます。
   他の内臓なども、きれいに水洗いして、一口大に切り水気を拭きます。
(2)鍋に(1)の白子以外と昆布、日本酒・水を適宜入れてから火にかけます。
(3)沸騰したらネギ以外の野菜を入れる。煮ていくと泡が出てくるのでこまめにすくい取りましょう。
(4)野菜が煮えてきたら味噌で味付けします。
(5)長ネギと白子を加えて、さっと火を通します。
(6)小口切りにしたネギをそえてどうぞ。


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)




  
タグ :たら汁もの


Posted by mi-ki at 06:34Comments(0)たら

2008年01月18日

1日12t \( @o@;)/

今がたらの最盛期!!
市場にも沢山のたらが入荷しています。
担当者に聞いたら、丸物のたらで1日150ケース(約12t)も入荷してるんだって!! face08

「寒たら」とも呼ばれて、今が一番おいしい時期♪
今日はエリンギと一緒に炒めました。

たらとエリンギの炒め物

【材料】
生たら…2切
エリンギ…1パック
パセリのみじん切り…少々
レモン
にんにくの薄切り…1~2枚
塩・コショウ
オリーブ油
小麦粉

【作り方】
(1)生たらは食べやすい大きさに切り、塩を少々振って10~30分おいて
   ペーパーで水気を拭きます。
(2)エリンギは根元に包丁目を入れて、手で裂きます。
(3)たらにうすく小麦粉をつけます。
(4)フライパンにオリーブ油とにんにく、塩を一つまみ入れて火にかけます。
   香りが出てきたら、エリンギを弱火で炒めます。
   エリンギから水分が出て、しなっとするまで炒め、別の器にとっておきます。
(5)フライパンをきれいにしてオリーブ油を追加し、(3)のたらを両面焼きます。
(6)たらに火が通ったら、エリンギを戻しいれてパセリを振り、塩少々で味付けします。

ご飯のおかずにも、もちろんお酒のつまみにも、おいしいですよ~(^u^)

 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 07:31Comments(3)たら

2008年01月17日

う~っ┗(^0^)(^0^)┛辛うまっ♪

以前から気になっていたレシピを、ちょっとさかなやさん風にアレンジしてみました。
(“きょうの料理 1月号”に載っていました。)

このために韓国唐辛子を買ったと言っても過言ではないのです。
辛いもん好きのさかなやさんにも、“辛口”です。
韓国唐辛子が手に入らない場合は、一味とかチリペッパーでもいいと思います。
ただし、入れすぎには注意!

今日使ったたらは「ぽんたら」。鍋用でぶつ切りになっているたらです!
市場では真だらでもすけそうでも、小さいものを「ぽんたら」と呼んでいます。

たらの韓国風スープ(テグタン)

【材料】
ぽんたら…ぶつ切り小1尾分
大根…150g
長ねぎ…1本
春菊…1/2束
塩・中華スープのもと
○たれの材料○
│韓国唐辛子(細びき・粗びき)
│…各大さじ1/2
│コチュジャン…10g
│しょう油…大さじ3
│酒…大さじ1
│ごま油…大さじ1
│砂糖…小さじ1
│白すりごま…大さじ1

【作り方】
(1)ぽんたらは熱湯でさっと湯引きし、冷水に取ります。
   血合や汚れを取り除いて、水気を切っておきます。
   身が崩れやすいので、ていねいにねっ♪
(2)だいこんは薄めの乱切りに、長ねぎは太目の斜め切りにします。
   春菊は3cm長さに切っておきます。
(3)たれの材料をまぜあわせます。
(4)鍋に(1)のたらを入れ、(3)のたれを回しかけます。
   火にかけて、たらが崩れないように全体にからめます。
   ここに大根も入れて、鍋をゆすってまぜあわせます。
(5)フツフツしてきたら、水をカップ2と中華スープのもとを加えて加熱します。
   沸騰してきたら中火にして、アクをすくいながら10分位煮ます。
(6)大根が柔らかくなったら長ねぎを入れます。
   長ねぎも柔らかくなったら味をみて、足りなければ塩またはだししょう油で補います。
(7)仕上げに春菊を入れて、サッと火を通します。

から~い!! でも、おいしい~♪
病みつきになりそうな辛さです。
鍋仕立てにして、豆腐や豆もやしを入れてもいいかもっヽヽ(≧▽≦)//


 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)  


Posted by mi-ki at 06:21Comments(0)たら

2008年01月14日

ふわっとおいしいねぇ\(^o^)/

生の真白子が出回るようになりました。
湯引きもおいしいし、鍋物にもおいしい♪
今日は天ぷらにしてみました(^u^)

真白子の天ぷら

【材料】
真しらこ…150g
小麦粉
天ぷら粉
*抹茶塩
*黄身味噌

【作り方】
(1)白子は筋を除き、一口大にします。
   小麦粉を薄くまぶしつけておきます。
(2)天ぷら衣を作り、小さな器に大さじ1程度入れて、
   (1)の白子を一口ずつ入れて衣をまぶし、170度程度の油で揚げます。
(3)抹茶塩または黄身味噌でどうぞ!!
   *黄身味噌…今日は仙臺鍋のたれに黄身1個分を混ぜました。

付け合せにしたのは、オクラです。
衣を薄くつけて揚げました。

 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)
  


Posted by mi-ki at 08:24Comments(0)たら