スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年08月31日

こってりウマウマ(^◇^)

このところ気温も下がって、ちょっとは過しやすい感じですねface02
こうなってくると、ちょっとこってりした「煮魚」が食べたくなります。

そうそう、さんま、秋鮭と共に秋においしくなるのが、真さば。
さばの煮魚の王道!!「みそ煮」を作りました。
ちょっとしたコツで、ワンランクアップした味にします♪

さばの味噌煮

【材料】(2人分)
真さば…2枚おろしor3枚おろしを半身
しょうが…1かけ
┌─煮汁用
│水…1カップ
│酒…大さじ3
│みりん…大さじ3
│砂糖…大さじ1
│しょう油…大さじ1
└─
仙台味噌…大さじ2強

【作り方】
(1)さばは半分に切り、塩を振ってペーパーに包み、10分程度おきます。
(2)ここがワンランク上にするポイント!!
  (1)のさばの切身をボウルに入れ、熱湯を注いで霜降りにします。
  その後水でサッと洗い、水気をふき取ります。
(3)しょうがの半分は千切りに、残りは薄切りにします。
(4)フライパンに「煮汁用」の材料を入れて煮立てます。
  この中にしょうがの薄切りとさばを入れ、アルミ箔やクッキングシートで作った落し蓋をして、
  1~2分煮ます。
(5)味噌を(4)の煮汁で溶き入れ、煮汁を時々掛けながら、さらに7~8分煮ます。
  煮汁が少なくなって、とろ~っとしてきたら出来上がり♪
(6)器に盛って、千切りしょうがを飾ります。

さばなどのにおいの強い魚は、塩を振ったあと、煮る前に霜降りにするとぐっとおいしくなります(^-^)  


Posted by mi-ki at 06:22Comments(6)さば

2007年08月30日

ねば×2

秋鮭って実は淡白な味。
そこで、ゆず胡椒味の下味をつけて焼いてみました。
ねばねばソースをかけて、召し上がれ♪

秋鮭のゆず胡椒焼 ねば×2ソース

【材料】(2人分)
秋鮭…2切
ゆず胡椒…適宜(お好みで)
だししょう油…適宜
日本酒…少々
長いも…10センチ程度
おくら…4本

【作り方】
(1)秋鮭は厚みが均等になるように、1切を4つに切り分けます。
(2)だししょう油に日本酒を入れ、ゆず胡椒を加えてつけ汁を作ります。
  ゆず胡椒に塩分が相当含まれているので、味見しながら漬け汁を作ってね。(^。^)
(3)秋鮭を(2)の漬け汁に30分程度漬け込みます。
(4)長いもとゆでたおくらは、適度な大きさに切り、厚手のビニール袋に入れて、麺棒などで
  たたきます。長いもは細かめに、おくらは荒めにしてください。
(5)(3)の鮭の水気をふき取り、小麦粉少々をまぶして、フライパンで皮のほうから焼きます。
  皮がパリッと焼けたら、反対側も香ばしく焼いておきます。
(6)(5)をお皿に盛り、(4)をごく少々のだししょう油で味付けしたものをのせていただきます。

カリッと焼いた鮭と、ねばねばがうまいのよ~(^u^)  


Posted by mi-ki at 06:19Comments(2)さけ

2007年08月29日

お花を食べる(^u^)

ごく当たり前に「菊」は食べ物だと思って育ったけど、
どうやら東北と新潟以外(+京都の一部)では、食べる習慣がないとか…。
シャキシャキした歯ざわりがおいしいのにねぇ。
生産量も東北と新潟で99%を占めるそうです。

古くから漢方薬として利用されている食用菊。解熱作用やめまい、頭痛、頭がほてるなどの
症状に効果があります。この他にも自律神経を安定させ、リラックス効果も高いとされています。
また、菊は毎日食べ続けることで血管内のコレステロールを取り除き、血圧を下げる作用などが
あります。(東芝 「からだの見張り番ネット」より…)

えらいぞっ、菊!!
そしてうまいぞっ、菊!!
と、菊を称えつつ、本日はおひたしとたこを和えてみました。

たこと菊のあえもの

【材料】
たこ…小サイズ あし3本くらい
食用菊…1パック
水菜…1パック
わさび
だししょう油

【作り方】
(1)菊の花は、酢を入れた熱湯でサッとゆがき、冷水にとってさました後に、水気を絞っておきます。
(2)水菜は、塩少々を入れた熱湯でゆでて水気を絞り、3cm長さに切っておきます。
(3)たこの足は、小さめにスライスします。
(4)ボウルにワサビ、水で薄めただししょう油を加え、菊、水菜、たこを入れて和えます。



  


Posted by mi-ki at 06:08Comments(2)たこ

2007年08月28日

トースターで簡単レシピ♪

一見、本格風icon28
でも、本当に簡単に作れます~(^^)v

市販のトマトソースと、開いてあるいわし(フライ用などの表示があるかも。)を使います。
タイムの香りがいい~face05
できれば生のものを使って下さい。
(今回使った生タイムは、スーパーで98円で売ってました。)

いわしのトマトソース焼

【材料】
いわし開き(フライ用)…3~4尾
市販のトマトソース缶…1/2缶
レモンスライス…6~8枚
タイム…少々
バター…大さじ1
白ワイン…大さじ1
塩・黒コショウ

【作り方】
(1)開いてあるいわしは、身を半分に切り、塩・コショウを振ってペーパーに包み、10分程度おきます。
(2)耐熱用の器にトマトソースを敷き、レモンスライスをはさみながら、いわしを並べます。
(3)白ワインをふりかけ、小さくちぎったバター、ちぎったタイムを表面におきます。
(4)オーブントースター(900W)で12~13分焼きます。

トーストしたバケットや、ぺペロンチーノなどのパスタを添えてどうぞ♪
  


Posted by mi-ki at 06:42Comments(0)いわし

2007年08月27日

和風パスタ

きのこ類とするめいかを使って、おしょう油味ベースの和風パスタを作りました。

いかときのこの和風パスタ

【材料】(2人分)
するめいか…1杯
しめじ…1/2パック
えのき…1/2パック
エリンギ…1本
しその葉…5~6枚
にんにくのみじん切り
赤唐辛子の小口切り
パスタ…今回は1.4㎜ 150gくらい
オリーブ油
塩・コショウ 白ワイン
しょう油 コンソメ顆粒

【作り方】
(1)パスタは袋に書いてある時間よりも1分くらい短めに茹でます。
(2)するめいかは、足と内臓をはずして良く洗い、水気を切ります。
  胴は輪切りに、足は食べやすい長さに切っておきます。
(3)しめじは小房に分け、えのきは3~4cmに、エリンギは斜め薄切りにします。
(4)フライパンにオリーブ油と赤唐辛子・にんにくを入れて火にかけ、香りがしてきたら
  いかを炒めます。
(5)半分程度いかに火が通ったところで、一旦別の器に取り出します。
(6)フライパンをキレイにして、きのこ類をオリーブ油で炒めます。
(7)(6)にいかを戻し、コンソメ顆粒をほんの少々、白ワイン大さじ2、しょう油大さじ1を加えて
  味付けします。
(8)茹で上がったパスタを(7)のフライパンに入れて、全体をよく絡めます。
  最後に、しその葉を粗みじん切りにしたものを加えます。  


Posted by mi-ki at 06:21Comments(5)いか

2007年08月26日

ふぁいばー

繊維質たっぷりのミニおかず。
圧力鍋で茹でたごぼうは、いくらでも食べられるくらい♪
明太子の量はお好みで!!
今日は無着色のものを使ったので、ちょっと薄ピンクです。

ごぼうの明太サラダ

【材料】
ごぼう…1本
明太子…お好みで♪ 今回は30gくらい
マヨネーズ…適宜
日本酒・だししょう油・酢

【作り方】
(1)ごぼうは皮をこそげ落とし、5cm長さに切り、たてに2~4つ切りにします。
  酢水につけてアクを抜いておきます。
(2)(1)のごぼうを圧力鍋にいれ、かぶるくらいの水、酢大さじ1を加えて火にかけます。
  蒸気がまわってきたら、3分加熱して火を止めて、そのまま10分置きます。
  圧力鍋がない場合は、酢を加えた水にごぼうを入れ、柔らかくなるまでゆでて下さい。
(3)(2)のごぼうをざるに取り、熱いうちにお吸物程度に薄めただししょう油に漬けておきます。
  厚手のビニール袋を使うと便利です。
(4)明太子は薄膜を取り、日本酒少々とマヨネーズを加えます。
(5)(3)の粗熱がとれたら、(4)の明太子ソースで和えます。  


2007年08月25日

旬の先取り?!

秋にはおいしいものがいっぱ~い♪
(まだちょっと残暑がありますがー)
秋鮭にきのこっ!! おいしいよねぇ(^u^)
ちょっと早めだけど、待ちきれない秋のレシピです。

秋さけのソテーきのこソース

【材料】(2人分)
秋さけ…2切
塩・コショウ
小麦粉
しめじ…1/4パック
えのき…少々
エリンギ…1本
長ねぎ…1/2本
牛乳
サラダ油
バター…大さじ1/2

【作り方】
(1)秋さけは厚みが半分になるように切れ目を入れて、観音開きにします。
  ラップに包んで、麺棒などでたたき、塩・コショウをして10分程度おきます。
(2)きのこクリームソースを作ります。
  フライパンにサラダ油を熱し、長ねぎのみじん切りを弱火で炒めます。
  火が通ってきたら、塩をほんの一つまみと、バターを加え、粗みじんにしたきのこを炒めます。
  ここに小麦粉を大さじ1~2ふりかけて、粉っぽさがなくなるまで弱火で加熱します。
  この中に、牛乳を少しずつ加えて行き、クリームソースを作ります。
(3)(1)の秋さけに小麦粉少々をまぶし、フライパンでソテーします。
(4)お皿に(3)を盛り、(2)のソースをかけていただきま~すicon28
  


Posted by mi-ki at 06:27Comments(1)さけ

2007年08月24日

秋のまんまる

市販の〆さばを使って簡単にできるお寿司♪

本当のことを言うと…
押し寿司にしようと作ったのですが、どうもサイズが合わなくて
結局ラップにくるんで巻きました。
それがコレ(^_^;)


さばと菊の巻寿司

【材料】
〆さば…1パック(片身)
ご飯…2合
食用菊…1パック
白ごま…適宜
寿司酢…適宜

【作り方】
(1)食用菊は、花びらをバラバラにしてサッと洗い、酢を加えた熱湯で湯がきます。
  水気を絞っておきます。
(2)〆さばは厚みが半分になるように2つに切っておきます。
(3)温かいご飯に寿司酢を入れて、白ごまを指でひねりながら加えます。
(4)巻き簾にラップを敷いてご飯を載せ、菊、〆さばの順に載せていきます。
  あとはラップを巻き込まないようにして、ギュッとまる~く巻きます。
  


Posted by mi-ki at 06:24Comments(0)さば

2007年08月23日

新潟みやげ


20日、21日と新潟に出張に行ってきました。
新潟といえば…日本酒こしひかりrice
宮城にもおいしいお米があるけれど、
なんと、朝食のバイキングでもこしひかり100%ご飯がface05
朝からイッパイ食べてしまいました。
(この出張で確実に太った…と思います。^_^;)

自宅用のおみやげに何を買おうかなぁと思っていたら、
発見!!「かんずり」。
唐辛子に米麹と塩を混ぜた調味料です。
ウワサには聞いてたけど、食べたことはなかった~。
通常品は3年熟成だけど、ついつい「6年もの」を買ってしまいました。

そのかんずりを使って、何か出来ないかなぁと思いついたのがコレ♪
最近TV番組で宮崎県の食べ物が結構出ていますが、
その中の「チキン南蛮」風にアレンジ(^^)v
たれの中にかんずりを入れてみました。
新潟のかんずりと、宮城産のかつおを使った、宮崎風のおかず!!(ちょっとクドイか~)

かつお南蛮

【材料】
かつお…四半身くらい
小麦粉
★和風タルタルvol2
 ゆで卵…1個
 きゅうり…1/4本
 たまねぎ…1/8個
 甘酢しょうが…適宜
 細ねぎ小口切り…適宜
 マヨネーズ…大さじ2
 塩
★南蛮たれ
 かんずり…小さじ1~2
 しょう油・だし・みりん
 (あれば)水あめ
 酢…大さじ1

【作り方】
(1)和風タルタルvol2を作ります。(vol1は、以前作ったラッキョウ入♪)
  たまねぎときゅうりの粗みじん切りしたものに塩少々を振り、しばらく置いて水気を切ります。
  ゆで卵は粗みじんに、甘酢しょうがはみじん切りにしておきます。
  ゆで卵を作るのが面倒な場合…
  小さい器に入れて、卵黄に傷をつけてラップをかけ、電子レンジで40秒でOK(^^)v
  タルタルの材料を全部まぜあわせておきます。
(2)南蛮たれをつくります。
  大き目のフライパンに、だし・しょう油・みりん・あれば水あめを入れて火にかけます。
  少しにつめたら、かんずりと酢を加え、火を消します。
(3)かつおは角切にして、小麦粉少々をまぶしつけて、油で揚げます。
(4)揚げたてを(2)のフライパンに入れてタレを絡めます。
(5)かつおを器に盛って、タルタルソースをかけます。

たれは甘口に作ります。かんずりを使っているので大人向きの味付けです。
辛いのが苦手な方やお子さん向けには、抜いて下さい。  


Posted by mi-ki at 06:55Comments(0)かつお

2007年08月22日

初物。。。

さんまと同じく秋の魚…今日は秋さけ!!
お魚コーナーでは、もう秋さけが並んでいましたよぉ。face08
今年の初物ということで、ちょっとおめかししたレシピを…天使
秋さけは脂肪分が少ないので、マヨネーズでコクをプラスしました。ヽ(^o^)丿

秋さけの味噌野菜焼

【材料】(2人分)
秋さけ…2切
ゆでたけのこ…3㎝くらい
にんじん…3㎝くらい
いんげん…3~4本
きくらげ…少々
ゆで卵…1個
味噌…大さじ1
みりん…大さじ1
だししょう油…大さじ1
マヨネーズ…大さじ2
サラダ油

【作り方】
(1)秋さけは皮をとり、半分に切ります。塩をほんの少々あてて、
  ペーパーでくるみ、冷蔵庫で10分くらいおきます。
(2)ゆでたけのことにんじんはみじん切りにします。
(3)きくらげは水で戻して、みじん切りにします。
(4)いんげんは小口切りにします。
(5)フライパンを熱してサラダ油を入れ、にんじん、いんげん、たけのこ、きくらげの順に
  いためます。
(6)火が通ったら、お湯少々とだししょう油、味噌、みりんを入れて、炒りつけます。
(7)(6)をボウルに入れ、ゆで卵のみじん切りを加えます。
  粗熱が取れたら、マヨネーズを混ぜ合わせます。
(8)(1)の秋さけをサラダ油で両面ソテーします。
(9)天板にさけをのせ、(7)を乗せて900Wのトースターで7~8分焼きます。
  


Posted by mi-ki at 06:43Comments(2)さけ

2007年08月21日

そして「さんまごはん」♪ ⇒新物さんま第3弾!

刺身⇒ぬた⇒ときたら、「ご飯」rice

塩焼にしたさんまを使っているので、香ばしさもプラス。
残った塩焼を使ってもいいでしょう。今回は小さい土鍋を使って料理しました。

さんまご飯

【材料】(2~3人分)
米・・・1.5合
さんま・・・1尾
しょうが・細ねぎ・だししょう油

【作り方】
(1)さんまはよく洗い、2つに切り、内臓を取り、水気をよく拭きとります。
  塩を振って10~15分置きます。
(2)焼き網を熱し、(1)のさんまを焼きます。
(3)米をとぎ、ざるに入れて水気を切っておきます。
(4)全体で約320ccになるように、水とだししょう油を合わせます。
  味付はお吸物よりも薄めにします。
(5)しょうがはごく細い千切りに、細ねぎは小口に切っておきます。
(6)土鍋に米、(4)、しょうがを入れて混ぜます。
  その上に焼きあがったさんまを乗せます。
(7)強火で熱し、沸騰したら弱火にして13~15分炊きます。
  最後に1分弱強火にして、15分ほど蒸らしましょう。

(8)さんまをほぐして骨を取り、ごはんを混ぜます。
  この時に細ねぎの半量も一緒に混ぜます。(残りは飾り用にする。)
(9)茶碗に盛って、残りのねぎを飾って、さぁどうぞrice

  


Posted by mi-ki at 06:55Comments(1)さんま

2007年08月20日

きょうは「ぬた」♪ ⇒新物さんま第2弾!

お刺身の次は「ぬた」。
漢字では「饅」と書くらしい…(☉o☉)

3枚おろしにしたさんまを強めの塩で〆め、酢洗いすのがポイントです。icon22

さんまのぬた

【材料】(2人分)
さんま・・・2尾
細ねぎ・・・半パック
わかめ・・・適宜
★酢味噌
 白みそ・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ1
 練りからし・・・小さじ1(お好みで)
 米酢・・・大さじ1.5

【作り方】
(1)三枚おろしにしたさんまの腹骨をすき取り、ややきつめの塩を振り、
  冷蔵庫に約1時間置きます。
(2)細ねぎはさっと茹でて、ざく切りにします。わかめは戻しておきます。
(3)酢味噌の材料はよく混ぜ合わせます。
  ※今回は白みそを使用していますが、みその種類や好みによって、
   砂糖の量を調整して下さい。
(4)(1)のさんまを酢(分量外)で洗い、頭のほうから皮をむいて、食べやすい
  大きさに切ります。
(5)器にさんまと細ねぎ・わかめを盛り、(3)をかけます。
  ※さんまと酢味噌を和えてもOK(^u^)  


Posted by mi-ki at 06:17Comments(1)さんま

2007年08月19日

新鮮一番♪

お盆休みも終わり、いよいよ食の季節は「秋」に!!
早くも、各スーパーのチラシには、生さんまの文字が~(^u^)
この時季だからこそ味わえるのは、やっぱりお刺身でしょう♪
イキのいいさんまで、ゼヒ作ってみて下さい。
3枚おろしの練習にももってこい♪
中骨に身がついても、気にしな~い(^。^)
そのまま汁物にして、いただきましょう!

さんまのお刺身

【材料】(2人分)
さんま…2尾
大根・しその葉などの薬味

【作り方】
★さんまは3枚おろしにするか、大名おろしにします。
 簡単なのは大名おろし。
 ・頭と内臓を取って良く洗ったさんまは水気をふき取ります。
 ・背を手前に置き、腹の身を少し持ち上げるようにして
切り口から包丁を入れ、背骨に沿って包丁を動かしていきます。
 ・身を返して腹側を手前に置き、上記と同じように包丁を入れて、
反対側の身も一気に切り離します。
★中骨が気になるようならば、骨抜きで取ります。
  そぎ切りにすれば、あまり気にならないですよ。
★薄皮をむきます。頭側から尾側へ引きます。
  はじめに包丁を軽く入れてきっかけを作ると、むきやすいです。  


Posted by mi-ki at 06:22Comments(0)さんま

2007年08月18日

ひもには眼があるっ!!

ひもと言ってもほたてのひも。
正しくは外套膜っていうんだって。
ところでひもに、黒い点々がついているでしょう?
あれは、ほたての眼。face08
レンズや網膜があって、高等動物に匹敵するくらいに発達しているけど、
実際は光を感じる程度なんだって…。(青森県ほたて流通振興会

ほたてが見ている風景ってどんなでしょうか…。face13

さて、いただきものの貝柱は昨日カルパッチョでおいしくお腹に納まりました。(^u^)
残ったほたてのひもを使って、今日はパスタを♪
コリコリした食感がおいしいよぉ。
バターとレモンの風味もきいています。音符

ほたてのひものパスタ

【材料】(2人分)
ほたてのひも…6個分
しめじ…1/2パック
ズッキーニ…1/2本
パスタ…1.4㎜を150g
にんにくのみじん切り…少々
赤唐辛子の小口切り…適宜
バター…大さじ1
レモン汁…小さじ1くらい
オリーブオイル
白ワイン
コンソメ顆粒…少々
塩・コショウ
パスタの茹で汁…大さじ2

【作り方】
(1)ほたてのひもはよく洗い(昨日のブログをみてねicon22)、3㎝長さに切っておきます。
(2)ズッキーニは半月切りに、しめじは小房に分けます。
(3)フライパンにオリーブオイルを熱して、温まったらバターを大さじ1/2加え、
  ズッキーニを炒めます。
(4)ズッキーニに油が回ったら、しめじを加えて炒め、別の器にとっておきます。
(5)フライパンをきれいにして、オリーブ油とにんにく、赤唐辛子を入れて火にかけます。
  香りがたってきたら、(1)のほたてのひもを入れて塩・コショウで味付し、炒めます。
  火が通ったら、(4)と一緒に器にいれておきます。
(6)パスタは袋に書いてある時間より短めに茹でます。茹で汁は捨てないで下さい。
(7)(5)のフライパンに、白ワイン、レモン汁、コンソメ顆粒を入れて少し煮詰め、
  残りのバターを加えます。
(8)茹で上がったパスタを(7)のフライパンに入れ、茹で汁大さじ2と、野菜、ほたてを入れて
  よく混ぜ合わせます。  


Posted by mi-ki at 06:19Comments(0)ほたて

2007年08月17日

ほたてをいただきましたm(__)m

ウチの会社は扱う商品ごとに部門が分かれています。

「まぐろ」だの「えびかに」だの…
ほたてやあさりなどの貝類、うに、たこ、海藻を扱っているのが「特殊近海」という部門。
その通称「特近1チーム」のOさんから、貝ほたてを頂きました。
うれし~face05
これは心して食べねば(^◇^)

ほたては貝殻をはずして、緑色のうろを取り、貝柱とひもに分けます。
貝柱についている白くてかたい部分もはずしてね。
ひもは塩と片栗粉をよ~くまぶして揉み、流水できれいになるまで洗います。
(ひもは結構汚れています大泣き
ひもはまた明日使うことにして、きょうはカルパッチョ♪
梅干とわさびの効いた、和風カルパッチョです。

ほたての梅わさびカルパッチョ

【材料】
ほたて貝柱…4~5個
梅干…2個
しその葉…適宜
マヨネーズ
わさび
オリーブオイル
塩・コショウ


【作り方】
(1)貝柱は横にうすくスライスします。
(2)梅干は細かく切って包丁でたたき、マヨネーズ、わさびとよく混ぜます。
  (梅干は飾り用にほんの少し別にとっておきます。)
  これにオリーブオイルと酢を加えて、なめらかなソースにしておきます。
(3)器にしその葉を敷き、(1)のほたてを並べます。
(4)厚手のビニール袋に(2)を入れて先をほんのちょっと切り、ほたての上に絞ります。
(5)たたき梅と刻んだしその葉を飾ります。
  


Posted by mi-ki at 06:26Comments(1)ほたて

2007年08月16日

ぱくぱく(^◇^)

こう暑いと、どうしても麺類が食べたくなりますねぇ。
でもそれだけじゃぁ、やっぱり夏バテしちゃうface10
夕飯にご飯を炊いても、ついつい残っちゃうし…。

そんな時にはコレっ!!
残ったご飯や冷凍にしたご飯でも、温めて具を加えるだけでOKよ~拍手
しょうがの香りで食欲UPです。

わかめとじゃこのぱくぱくご飯

【材料】
わかめ
ちりめんじゃこ(小さめの乾いたもの)
しょうがみじん切り
お好みで⇒赤唐辛子の小口切り
ごま油・サラダ油
だししょう油
ご飯

【作り方】
(1)塩わかめは水で振り洗いして塩を落とし、水につけて戻します。
  わかめの塩が抜けたら、水気を切って細かく切ります。
(2)フライパンにごま油とサラダ油を半々に入れ、弱火でちりめんじゃこを炒めます。
(3)じゃこがはねてきたら、しょうがのみじん切りと好みで赤唐辛子の小口切り、
  わかめを加えて炒めます。
(4)全体に油がまわったら、だししょう油を加えて炒りつけます。
(5)温かいご飯に、(4)を混ぜて「いただきま~す」♪  


Posted by mi-ki at 07:08Comments(5)こうなご・しらす

2007年08月15日

今日は刺身の日♪

本日8月15日は「刺身の日」。
お盆で人が集まって食べるから…というわけじゃぁないんです。

文書に「刺身」が始めて登場したのが8月15日♪
室町時代の仲原康冨という方(書記官だったそうです。)の
1448(文安5)年の8月15日の日記に「刺身」が書かれているという事です。
詳しくは「こよみのページ」でどうぞ(^。^)

「刺身の日」にちなみまして…icon10本日はまぐろとほたてのサラダをご紹介♪
いろどりもキレイでしょっ(*^_^*)

まぐろとほたてのアボカドサラダ

【材料】
まぐろ赤身…150gくらいのサク
ほたて貝柱刺身用…100gくらい
アボカド…1個
わさび・しょう油

【作り方】←簡単すぎてごめんなさいicon10
(1)アボカドは1㎝角に切ります。
(2)まぐろとほたてもアボカドのサイズに合わせて角切にします。
(3)ボウルにしょう油とワサビを入れて良く混ぜ合わせ、アボカド・まぐろ・ほたてを和えます。

  


Posted by mi-ki at 06:14Comments(2)まぐろ

2007年08月14日

かつおを揚げてみた(^。^)

いつもお刺身やたたきで食べるかつお。
加熱すると、ちょっと身がパサつくのがどうも…face07
なんとかおいしいくできないかなぁ、と考えてみました。

かつおの梅サンドフライ

【材料】(2人分)
かつお切身…2切
しその葉…4枚
梅干し…2個
にんにくみじん切り
おろしショウガ
こんぶしょう油

みりん
小麦粉・パン粉
卵…1個

【作り方】
(1)かつおの切身は半分に切り、さらに厚さが半分になるように切れ目を入れます。
  皮の近くまで切れ目を入れて、全部切らないようにして下さい。
(2)こんぶしょう油にみりんと酒を加え、にんにくのみじん切り、おろしショウガを入れます。
(3)(1)のかつおを開いて、(2)に10分程度漬け込みます。
(4)梅干しは種を取ってたたいておきます。
(5)(3)のかつおの水気をふき取り、開いたところにしその葉を1枚のせ、たたいた梅を塗ります。
(6)梅としそがサンドイッチになるように元の形に戻し、小麦粉を薄くまぶします。
  これに溶きたまご、パン粉をまぶして、油で揚げます。

(^u^)材料の欄では、「梅干し」にしましたが、今回は残り物の「たたき梅」を使いました。
    これは、素麺の薬味として作ったもの♪
    ちなみに作り方は…

    長ねぎ1/2本をみじん切りにして、レンジでチン!!
    かつおぶしをレンジにかけて、もみこんで粉々に~!
    うめぼし5~6個をたたいて、長ねぎをかつおぶし、ひねりゴマを加えてまぜまぜ!
    
    薬味用として作ったのですが、2~3日使えるように、長ねぎを加熱してあります。  


Posted by mi-ki at 07:27Comments(0)かつお

2007年08月13日

ツルッと!!

今日はちょっと変わったワンタンをご紹介♪
えびとレタスの冷たいワンタンです。
レタスがシャリっとしていて、おいしいよ~(^u^)

器に氷水を張り、浮かべてみました。
涼しげでしょ~face02

えびとレタスの冷たいワンタン

【材料】17~18個分
えび…中10尾
レタス…半玉
ワンタンの皮
長ねぎ…1/4本
片栗粉
白ごま
塩・コショウ
貝割れ菜
★たれの調味料
 しょう油・黒酢
 みりん・ラー油
 ごま油

【作り方】
(1)レタスは熱湯でサッと茹でて、水に取り、絞ってみじん切りにします。
(2)えびは殻をむいて背ワタを取り、粗みじんに切ります。
(3)ボウルにエビとレタスを入れ、塩・コショウ、片栗粉を入れて良く混ぜます。
(4)(3)のたねをワンタンの皮で包み、熱湯で茹でます。
  浮き上がってきたらOKOK
  冷水に取り、さましたら氷水を張った器に入れます。
  貝割れ菜を散らします。
(5)★たれの調味料と、みじん切りの長ねぎを混ぜ、白ゴマを指でひねって加えます。

ツルッと、さっぱり頂いてください。
夏にぴったりのワンタンです。  


Posted by mi-ki at 07:17Comments(4)えび

2007年08月12日

ピリっと!!

中国の山椒⇒花椒(ホアジャオ)を使って、ピリッと辛いかじきの炒め物を作りました。

そういえば、お魚の炒め物って種類が少ないかも。
下味をつけたかじきの水気を拭いて、小麦粉をまぶしてから焼くのがコツです♪
あれば強力粉を使ってください。
薄力粉より、サラッとしています。icon01

かじきの花椒炒め

【材料】
かじき…2切(今回は200g)
長ネギ…1本
エリンギ…3本
花椒…大さじ1
豆鼓醤…大さじ1
豆板醤…小さじ1
にんにくのみじん切り…少々
しょう油…小さじ2
小麦粉
サラダ油

【作り方】
(1)かじきを1㎝角の棒状に切り、しょう油・酒(分量外)で10分ほど下味をつけておきます。
(2)長ネギとエリンギは、3~4㎝長さに切っておきます。
(3)花椒をすり鉢ですり、豆鼓醤、豆板醤、にんにくのみじん切り、しょう油を入れてよく混ぜます。
(4)下味をつけた(1)の水気を拭き取り、小麦粉を薄くまぶします。
(5)フライパンで(2)の野菜を先に炒め、取り出しておきます。
(6)フライパンをきれいにして、サラダ油を追加し、(4)のかじきを焼きます。
(7)かじきに火が通ったら、野菜を戻して混ぜ合わせ、最後に(3)のタレをよく絡めます。

  


Posted by mi-ki at 09:28Comments(0)かじき