2010年02月01日

地元の魚を食べよう♪ 【宮城県産かれいのビール揚】

最近、かれい(マガレイなど)の消費が落ちているんだって。
地元で獲れる魚なのに~。
やっぱり食べ辛いのが、敬遠される原因かな?
実は私も、縁側のところを食べたいんだけど、小骨が多くて。。。という口。

ならば、と縁側を外して揚物にしてみました。
使ったのは大きい真がれいですが、小さいものでももちろんOK。
その場合は、切身の大きさを加減してください。

宮城県産かれいのビール揚




【材料と下ごしらえ(2人前)】
 ■宮城県産真がれい…1枚(350g) ⇒ウロコ、内臓、を取る
 ■漬けだれ
  ・しょう油…大さじ1
  ・酒…大さじ1
  ・みりん…大さじ1
 ■衣
  ・天ぷら粉…2/3カップ
  ・ビール…1/2カップ
 ■天ぷら粉…大さじ2

【作り方】
(1)かれいをさばきます。
   キッチンはさみを使い、縁側の部分を外して、食べやすい大きさに切ります。
   尾も切ってしまいましょう。
   身は3㎝幅に切ります。
(2)身と縁側などを、厚手のビニール袋に入れ、漬けだれを入れて
   冷蔵庫で1時間程度漬け込みます。
(3)かれいの水分を拭き取り、天ぷら粉をまぶします。
(4)縁側部分はこのままから揚にします。
   下味がついているので焦げやすいですが、カリッとなるまで揚げて下さい。
(5)天ぷら粉をビールで溶いたもので、(3)の身の部分を揚げます。
   下味がついていますので、このまま何もつけずに召し上がれ♥

何度も登場するビール揚。
もちろん、残ったビールをぐびぐびしながら調理しているなんてことは秘密です。



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)


同じカテゴリー(かれい)の記事画像
みやぎのお年取り【なめたの煮付け】
08年お歳取り【なめたの煮付け】
焼かれい 夏の煮魚
むしがれいの昆布煮
本田がれいの煮つけ
本田ガレイの和風ムニエル
同じカテゴリー(かれい)の記事
 みやぎのお年取り【なめたの煮付け】 (2009-12-31 21:22)
 08年お歳取り【なめたの煮付け】 (2008-12-31 10:09)
 焼かれい 夏の煮魚 (2008-07-25 06:06)
 むしがれいの昆布煮 (2008-06-16 06:50)
 本田がれいの煮つけ (2008-05-08 06:19)
 本田ガレイの和風ムニエル (2008-05-04 07:34)

この記事へのコメント
飲みながら

揚げたてをつまみ食いしちゃいそう(笑)

この辺りの鰈は、関西地方から、わざわざ釣りに来る人も居ますからね

地元食材を地元で消費するのが、エコにもなるそうですから、頑張って食べないと
Posted by Oh!紙…!!! at 2010年02月01日 16:00
確かに、実家で食べた記憶しかありません(^_^;)
ビール揚げなら旦那もパクパク食べてくれそうです~(^w^)
Posted by しろねこ at 2010年02月22日 18:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。