2007年11月15日

またまた、いただきましたm(__)m

「Mさん、コレ食べる?多分、一番大きいサイズの塩さんまだよ。」
うんうん、いただきます。
当社が仕入れている、懇意のメーカーさんが作った塩さんま。
おいしい時期に獲って、塩をして冷凍するのだ!!
塩の作用で生のさんまよりおいしくなるの(^u^)

ただ焼いて食べるだけじゃぁ、もったいない。
ちょっと違ったレシピに挑戦してみよう!
で、洋風にハーブの効いたお味にしました。

さんまのハーブパン粉焼
またまた、いただきましたm(__)m
【材料】
塩さんま…1尾
舞茸…1パック
ミニトマト…8個
パン粉…大さじ1.5
オリーブ油…大さじ2
にんにくのすりおろし…少々
クレージーソルト…少々
コショウ…少々

【作り方】
(1)塩さんまは2㎝幅に切り、内臓を出してきれいに洗い、水気をふいてコショウを振ります。
生さんまの場合は、水気を拭いた後、塩とコショウを振って、10分くらいおきます。
(2)舞茸は小房にわけておきます。
(3)パン粉ににんにくのすりおろしとクレージーソルト、オリーブ油を加え、良く混ぜます。
(4)天板にさんまを置き、まわりに舞茸とヘタを取ったミニトマトをおきます。
   さんまの上に(3)のパン粉を振り、オーブントースターで10~15分焼きます。
  お手持ちの機種で時間が違います。時々様子を見ながら焼いてください。



同じカテゴリー(さんま)の記事画像
10月の地産地消♪ 【さんまの味噌つみれ汁】
すり身も変身!【さんますり身とつぼみ菜の炒めもの】
塩さんまで!! 【さんまの焼南蛮漬】
引き続きさんま!【さんま唐揚ポン酢漬】
10月の地産地消♪ 【さんまで2種類】
初秋の旬を食べよう♪ 【さんまのガーリック焼】
同じカテゴリー(さんま)の記事
 10月の地産地消♪ 【さんまの味噌つみれ汁】 (2010-10-02 07:08)
 すり身も変身!【さんますり身とつぼみ菜の炒めもの】 (2010-01-14 06:07)
 塩さんまで!! 【さんまの焼南蛮漬】 (2009-11-14 06:44)
 引き続きさんま!【さんま唐揚ポン酢漬】 (2009-10-04 08:11)
 10月の地産地消♪ 【さんまで2種類】 (2009-10-03 10:52)
 初秋の旬を食べよう♪ 【さんまのガーリック焼】 (2009-09-04 04:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。