2011年02月01日

2月の地産地消 vol.1 【みやぎのタラ汁】

朝、玄関を開けたら…雪icon04!積もっているじゃん!!
起きてすぐにカーテンを開けたときには振っていなかったのに(-_-;)
ものすご~く、慎重に運転してきたさかなやさんです。
あ~、疲れた~。

さて、毎月恒例の地産地消イベントを、仙台市中央卸売市場の仙都魚類鮮魚売場で開催します!
(※残念ですが、一般の方はご入場いただけません。)

今月のテーマは「タラ」。
いわずと知れた鍋物の王様ですね。
宮城県は北海道・岩手に続いて、真タラの水揚量が全国3位。
寒い季節には身が太っておいしくなります。

今回は同じ市場の青果卸売である、仙台中央青果卸売(株)のご協力を得て、
仙台せりや曲がりねぎなどの地元野菜と一緒に、おいしいタラ汁を作ります。
それから、真タラ子を使ったキンピラも作りますよ~❤

みやぎのタラ汁




【材料(4人前)】
 ■タラ汁用の切身セット…1パック
  なければタラの切身…4~5切
 ■タラ白子…100g~150g程度
 ■白菜…1/8株
 ■大根…1/4本
 ■にんじん…少々
 ■曲りネギ…1本
 ■昆布…10㎝長さ
 ■酒・みりん…各50cc程度
 ■味噌…適宜
 ■酒粕(ソフトタイプ)…味噌の1/3~1/5程度(お好みで)

【下ごしらえ】
 ▽昆布は水につけておきます。
 ▽大根と人参は5mm程度のいちょう切りにします。
 ▽白菜は軸の部分を5㎝長さ、幅1㎝に、葉はざく切りにします。
 ▽セリは1㎝幅に切っておきます。
 ▽タラの切身(またはアラごと)は熱湯をかけて霜降りにします。
  その後、流水で汚れを取り除いておきます。
 ▽白子はざっと洗って汚れを取り、キッチン鋏で一口大に切ります。

【作り方】
(1)鍋に昆布と水、大根、人参、白菜の軸、下処理したタラのアラ、
   酒を加えて火にかけます。
   沸騰したら昆布を取り除き、アクを引きます。
(2)野菜が柔らかくなったら、タラの身を加えます。
(3)タラの身が煮えたら味醂を加え、味噌と酒粕で調味します。
   酒粕の量はお好みですが、味噌の1/3程度がおすすめです。
(4)食べる直前に白子とセリを加えます。

明日は、真ダラ子を使ったキンピラをご紹介しますね!! (^-^*)/





 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )


 ← こちらもよろしく~ (^・^)



同じカテゴリー(たら)の記事画像
辛くない韓国風お惣菜☆彡 【たらのジョン(卵焼)】
Simple♪ 【たらのジンジャーバター】
地産地消で!! 【塩竃汁】
お財布にやさしい♪簡単鍋 【たらと白菜の昆布鍋】
野菜たっぷり♪【たらのターメリックスープ】
ルクエ・スチームケース第2弾♪【たらとじゃが芋のクリーム煮】
同じカテゴリー(たら)の記事
 辛くない韓国風お惣菜☆彡 【たらのジョン(卵焼)】 (2010-02-04 06:29)
 Simple♪ 【たらのジンジャーバター】 (2009-12-20 06:17)
 地産地消で!! 【塩竃汁】 (2009-12-18 14:33)
 お財布にやさしい♪簡単鍋 【たらと白菜の昆布鍋】 (2009-11-15 08:17)
 野菜たっぷり♪【たらのターメリックスープ】 (2009-11-07 06:16)
 ルクエ・スチームケース第2弾♪【たらとじゃが芋のクリーム煮】 (2009-03-13 06:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。