2007年07月18日

土用ってなぁに?

「土用」ってなんでしょう?

五行説をもとにして季節を割り振りした結果、余ってしまった「土」を各季節の最後の18~19日に
割り当てたという事です。
現在では「土用丑の日」があまりにも有名ですが、春にも秋にも冬にも土用があります。
詳しくはこよみのページを見てね♪

今年の土用丑の日は7/30。
夏の暑さが厳しい時期に精をつけるものを!!ということで「うなぎ」になったのでしょうか…。
今日は栄養満点のうなぎ+ねばねば+さっぱりソウメンのレシピです。
細切りにしたガリが決め手!!
さっぱり、おいしくいただけます。

うなぎそうめん
土用ってなぁに?
【材料】(2人分)
うなぎ串蒲焼…1串
長いも…適量
おくら…5~6本
卵…1個
みょうが…1個
ガリ…適量
細ねぎ…適量
そうめん…200g
めんつゆ
みりん


【作り方】
(1)卵はよく溶いて、みりん小さじ1/2と塩をほんの少し加えて混ぜ、薄焼きにします。
  冷めてから切ると細く切れますよ。
(2)おくらは塩少々を入れた熱湯で茹でて、冷水に取って水気を拭き、小口に刻んでおきます。
(3)長いもはすりおろしておきます。
(4)細ねぎは小口に切っておきます。ガリとみょうがは、細い千切りにします。
(5)うなぎは串をはずし、食べやすい大きさに切ってレンジで30秒ほど温めておきます。
(6)ソウメンを茹でて流水で良く洗い、水気を切っておきます。
(7)器に(6)のソウメンを盛り、長いも、うなぎ、錦糸玉子、オクラを盛ります。
  みょうがとガリは天盛にし、彩りで細ねぎを散らします。
(8)めんつゆを(7)にかけていただきます。

同じカテゴリー(うなぎ)の記事画像
【土用丑の日です!! うなぎ炊き込みご飯とうざく】
うなぎとにらの中華炒め
うなぎちらし
土用丑の日
同じカテゴリー(うなぎ)の記事
 【土用丑の日です!! うなぎ炊き込みご飯とうざく】 (2010-07-26 06:39)
 うなぎとにらの中華炒め (2008-09-29 07:12)
 うなぎちらし (2008-07-23 06:46)
 土用丑の日 (2007-07-29 21:01)

この記事へのコメント
今の季節にぴったり!超おいしそうです☆
この頃はちょっぴり寒いけど、暑くなったらするする食べたいメニューですね♪
Posted by ゆずみかん at 2007年07月18日 10:03
ゆずみかんさん、こんにちは~(^^)v

今週末から学校は夏休みに入るというのに、
梅雨が明ける気配がないですね。

ソウメンってなんだか「夏のお昼」って感じがしませんか?
でもこのうなそうめんは結構ボリュームありって感じですよ~。
するっと食べてスタミナつけてくださーい。
Posted by さかなやさん at 2007年07月18日 14:27
7/30は土用の丑の日ですね
おすすめ調理はありますかね?
Posted by 年中南国・島ジロー at 2007年07月27日 20:25
年中南国・島ジローさん、
本日(7/29)「ひつまぶし風」をアップしました。
どうでしょう?
Posted by さかなやさん at 2007年07月29日 21:49
こんにちは、「ひつまぶし風」拝見しました!
こちらも夏には最高ですね!
是非試してみようと思います。
ちなみに実家の両親が塩釜の市場にいつも行ってるので、
魚をおすそ分けでもらうことが多いのですが、調理の仕方がわからないときはこちらもブログを参考にしてます。
これからも情報お願いします!
Posted by 年中南国・島ジロー at 2007年07月31日 09:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。