2009年12月25日

痛風予防にいいらしい。【わかめとセロリのサラダ】

お正月を控えているので、まだまだお店では見かけませんが
実はもう新物ワカメが出回り始めています。
年明けから店頭にも出てきて、春先までこの季節ならではの、本当の!!『生わかめ』を
味わうことができます。

ところでこのわかめ。
フコイダンやアルギン酸に代表される水溶性食物繊維が豊富!
そしてアルカリ性食品で、血液と尿の酸化を防いで血液中に尿酸が、
増えないように働くため、痛風の予防に効果があります。
セロリは独特の香りがありますが、この香りの成分は、
尿酸が体内でできるのを防ぎ、さらに尿酸を体外から排出するのを促すそうです。
つまり、『わかめ』+『セロリ』の組合せは痛風予防に効果がある!! のです。

肥満体系の人やストレスを溜め込むタイプの人、お酒好きの人は痛風になりやすいと
いわれています。
日頃の食生活で予防したいものですね~。

わかめとセロリのサラダ




【材料と下ごしらえ】
 ■生わかめ(または戻したわかめ)…80g ⇒食べやすい大きさに切る
 ■セロリ…茎の部分1/2本分 ⇒5cm長さに切る
 ■きゅうり…1本 ⇒5cm長さに切る
 ■塩…ひとつまみ
 ■ほたてのヒモ…70g ⇒軽くボイルして食べやすい大きさに切る
 ■マヨネーズ…大さじ1.5
 ■甘みそ…小さじ1
 ■タバスコ…少々

【作り方】
(1)きゅうりは5cmに切ったものを横半分に切り、端から短冊に薄切りします。
   セロリも短冊に切り、きゅうりとあわせておきます。
   塩ひとつまみを振って全体を良く混ぜ合わせ、しんなりしたら
   水気をギュッと絞ります。
(2)ほたてのヒモは、生の状態ならば塩(分量外)をもみこんでよく洗います。
   さっと湯通しして適度な大きさに切ります。
(3)ボウルにマヨネーズ、甘みそ(今回は大葉みそを使用)、タバスコを入れて混ぜます。
(4)ここに水気を切ったきゅうりとセロリ、ほたてのヒモをいれて混ぜ合わせます。
   最後にわかめも入れてよく混ぜ合わせます。

マヨ+味噌がおいしいんだよねφ(^∇^ )
サッと湯通ししたイカやホタテ貝柱、ボイルえびなどでもおいしいです♪



 ← レシピブログに参加しています。
  お気に召したら、左のバナーをクリックしてくださいねφ(^∇^ )

 ← こちらもよろしく~ (^・^)



同じカテゴリー(わかめ・海藻)の記事画像
3月の地産地消く°)))彡 【わかめをたっぷり食べる!! 】
やっぱりコレが一番!【めかぶとかまぼこのおひたし】
韓国風おかず♪ 【わかめのナムル風サラダ】
季節限定!【生海苔の佃煮とお吸い物】
健康パワー炸裂!【わかめといなだの中華和え】
つるっと ☆彡 【もずくトマトそうめん】
同じカテゴリー(わかめ・海藻)の記事
 3月の地産地消く°)))彡 【わかめをたっぷり食べる!! 】 (2011-03-04 05:03)
 やっぱりコレが一番!【めかぶとかまぼこのおひたし】 (2010-02-17 07:13)
 韓国風おかず♪ 【わかめのナムル風サラダ】 (2010-02-10 06:39)
 季節限定!【生海苔の佃煮とお吸い物】 (2010-01-19 15:35)
 健康パワー炸裂!【わかめといなだの中華和え】 (2009-12-19 06:51)
 つるっと ☆彡 【もずくトマトそうめん】 (2009-08-01 06:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。