スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年07月13日

本物のししゃも

皆さん、ししゃも食べてますかぁ~icon14
カルシウムがタップリとれる食材として、あまりにもメジャーですよね。
そういえば、「ししゃも嫌い」の人ってあんまりいないような気がします。
(私の周りにいないだけ…かな?)

ところで一般的に売っているししゃもの多くは、じつは「カペリン」なんですよface08
「カペリン」ってカラフトシシャモのことで、北極海からオホーツク海なども分布しています。
対して「本ししゃも」は、北海道の太平洋側にしか生息しない、日本固有の魚です。

本ししゃもは、鮭と同じように産卵のために川に上がってきます。
カペリンの方は、海で一生を過すそうです。
見た目もちょっと違います!!
本ししゃもはカペリンに比べてウロコが大きくはっきりしていて、口も大きいのです。

おいしいのはもちろん、本ししゃも!!
ただし、お値段も違います~(-_-;)
特に本ししゃものメスは高いのですicon10

今日はなんと、本ししゃも(オスだけど)を発見(☉o☉)
お値段もリーズナブル♪
もちろん、焼いただけでもおいしいけど、ちょっとアレンジしてみました。

ししゃもの焼漬

【材料】
ししゃも…10尾くらい
玉ねぎ…1/4個
赤唐辛子小口切り…少々
細ねぎ…2~3本
めんつゆ


【作り方】
(1)玉ねぎは薄切りにして水にさらし、水気を切っておきます。
(2)めんつゆをそばつゆ程度の濃さに薄め、酢をお好みの量足して漬け汁を作ります。
(3)ししゃもは焼き網で焼きます。
(4)焼きあがったら、ししゃもと(1)を(2)に漬け汁に入れます。
  お好みで赤唐辛子をプラスしてください。
(5)30分程度置いてからのほうが、味がしみておいしくなります。
  仕上げに小口切りにした細ねぎをのせます。
  もちろん「カペリン」でも大丈夫♪
  焼くだけではちょっと食卓が寂しい…というときに、お試しください。  


Posted by mi-ki at 06:19Comments(1)ししゃも