スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年07月07日

むつの紹興酒蒸し

魚屋さんでむつ発見!! でもちっちゃーい…。まだ子どもかなぁ。
「焼魚用」というシールが貼られていたけど、塩焼にしようか、はたまた煮付けにしようか悩み…(-_-;)

結局、蒸し物にすることにしました。
本当は頭もつけたままにしようかとも思ったのですが、(写真もカッコいいしねface15
「鋭い歯に注意!」ということなので、こんな形になりました。

むつの紹興酒蒸し

【材料】(2人分)
むつ…2尾
長ねぎ…2/3本
細ねぎ…適宜
しょうが…半片
紹興酒…大さじ2杯
オイスターソース…大さじ1
しょう油…小さじ1
にんにく・赤唐辛子
ごま油・塩
片栗粉

【作り方】
(1)むつはウロコ・頭・内臓を取って、きれいに洗います。
  水気を切って、身に十文字の切れ目を入れます。
(2)(1)のむつに塩を高いところから振り、ペーパーに包んで10分くらい置きます。
(3)長ねぎは斜め薄切りにして水にさらしておきます。堅いところなどは、蒸し用に使います。
(4)器に長ねぎ少々、しょうがの薄切りを敷き、むつを置いて紹興酒を振りかけます。
(5)蒸気の十分立った蒸し器で、20~25分蒸します。
(6)むつを皿に盛り、長ねぎをのせます。
(7)蒸した器に残っている汁を濾し、オイスターソースとしょう油で味付けし、片栗粉でとろみをつけます。
(8)(6)に(7)をかけます。
(9)ごま油を入れた小さなフライパンに、スライスしたニンニク・赤唐辛子を入れて火にかけます。
  いい香りがしてきたら、(8)の上にジャッとかけていただきます。  


Posted by mi-ki at 06:14Comments(0)その他

2007年06月09日

干物のチャーハン

干物は焼きたてが一番!!
でも、「残ってしまった~っ」…というとき、ぜひお試し下さい。

今回は、醤油干のさばを使っています。
薬味とゆずコショウの風味で、爽やかに仕上がっています。

干物のチャーハン

【材料】
残り物の干物
冷ごはん

しその葉
みょうが
ゆずコショウ
だし醤油(めんつゆ)

【作り方】
(1)干物は骨を除きながら小さく裂いておきます。
(2)しその葉、みょうがはみじん切りにします。
(3)ゆずコショウをだし醤油少々で溶いておきます。
(4)フライパンにサラダ油を入れ、(1)の干物を炒めます。
(5)続いて、ごはんに溶き卵1個を良く混ぜたものを炒めます。
  はじめはもっさりしていますが、火が通るとパラパラになります。
(6)ごはんがパラパラになってきたら、薬味を加えてひと混ぜします。
(7)鍋肌からゆずコショウをだし醤油で溶いたものを入れ、香りと味を付けます。

※干物に塩分があるのと、ゆずコショウの塩分がありますので、あくまでも控えめに味付けします。
 出来上がってから、味が足りなければ塩・コショウで補って下さい。
  


Posted by mi-ki at 06:21Comments(0)その他